「毎朝コップ1杯の豆乳」で生理前の症状が驚くほど改善

豆乳

26歳、職業は医療福祉関係です。私のPMSの症状は倦怠感、イライラ、頭痛、腰痛、浮腫み、便秘、眠気、肌荒れです。

【生理10日前から始まるPMS】些細なことでイライラし、浮腫みや肌荒れも辛い

大体、生理10日前辺りからイライラが始まります。ちょっとした事にもイラつき(いつもとチャンネルの置き場所が変わってた、カーペットの上に糸くずが落ちていた、等)、叫び出したくなります。

その後、浮腫みや肌荒れが出現し、常に身体がダルくて動きたくなくなります。生理前1週間を切ると頭痛と腰痛が始まり、生理3日前には眠気がピークになります。

私の場合はPMSの症状もさる事ながら生理痛も辛く、立っているのも辛い状態です。幸い私の職業は、立ちっぱなし座りっぱなしという事がなく動いている事が多いので、無我夢中に動いていると時が過ぎて…なんて我慢出来る事もあります。

しかし、やはり痛みが強く起き上がれない時もあり、申し訳ないとは思いますが仕事をお休みしてしまう事もあるような状態です。

就職してからPMSを発症、生理前の症状と生理痛で半月不調

元々、中学生の頃から生理痛には悩まされており、長い付き合いになります。その頃から肌荒れも酷かったのですが、思春期だしとPMSとは関連付けてませんでした。私が中学生の時は生理痛も珍しいくらいでしたし..。

PMSを意識するようになったのは、就職してからです。その頃から、上記であげたような症状が全て出始めました。就職したてという事でストレスも加わってだと思います。しかし、その時もPMSの事は知りませんでした。

イライラ→八つ当たり→自己嫌悪→落ち込む→肌荒れ・浮腫み・倦怠感→更に落ち込む→頭痛・腰痛・眠気→生理痛、という流れで私の1ヶ月の半分は終わってました。

PMSにはイソフラボンが効果的?旦那が調べてくれた情報で豆乳を飲み始める

そのまま時は過ぎ、4年後今の旦那と出会い結婚する事が出来ました。しかし、生理のあの流れは変わらず…。しかし、旦那は理解してくれ、私がイライラしていても「また生理前か」と、心配半分諦め半分で何も言わずほっておいてくれました。

そして、知り合いやネットでイソフラボンがいいらしいと調べてくれました。イソフラボンのサプリを買ってきてくれたのですが、薬嫌いな私は続かずそのままサプリを放置。でも色々考えてくれている旦那に申し訳ないと思い、同じイソフラボンだったら豆乳でもいいかと買って飲んでみました。

買ったのはいいが、実は豆乳が苦手な私。中学生や高校生の時も飲んでみたのですが、私には合わず気持ち悪くなってしまうんです。しかし、大人になった今飲んでみると不思議なもので、「美味しい!」と思ったんです。今になって思えば、身体が欲していたのかなぁと。

豆乳で生理前がスッキリ♪PMSの症状に気づかず、生理が突然来てビックリ

毎朝、豆乳をコップ一杯飲み続けると、その月のPMSの症状は驚く事に軽かったんです。いつもPMSが始まるとそろそろ生理かと憂鬱になっていたのですが、豆乳を飲んでいる時はPMSの症状に気づかず、急に生理がきてびっくりしたのを覚えてます。

PMSの対策方法が分かってからは精神的にも楽になったのか、特に生理前のイライラが減ってききました(生理前の頭痛や腰痛等はまだにありますが…)。PMS対策をしたことで、何も考えずリラックスしながら生理を迎える事が出来たのが精神的によかったのかなと思っています。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加