薬に頼りたくない!下半身を温めると生理前の症状が和らぎ始める

温かい靴下を履く女性

24歳の主婦です。私の生理前の症状は、生理が始まったわけでもないのに、激しい腰痛、鈍痛、立ちくらみ、頭痛が主な症状になっています。初めての月経が中学校1年生のころでしたが、その頃はこのような症状は全くなく、生理中も全く痛みがありませんでした。

部活を引退しことが原因?生理前の症状や生理痛が悪化

皆が痛い痛いという生理痛がどんなものなのか想像もしていませんでした。いま振り返ると、生理前の症状が現れるようになったのは部活を引退した頃からでした。私はバスケットボール部に所属していて、毎日激しい運動をしていました。

しかし、引退後は運動を全くしなくなったので急激に筋肉が落ち、体重の増減も激しかったように感じます。それが原因なのかどうかは分かりませんが、引退後の中学校3年生から生理前には今と同じ症状が出始め、生理痛も我慢しきれないほど辛いものになりました。

生理前の症状は昔から生理開始の3~4日ほど前からスタートします。自分ではあまり意識していませんでしたが、主人とケンカをしたり、ピリピリした雰囲気になるのもちょうどこの時とかぶっているような気がします。

生理前から市販薬のリングルアイビーを服用

生理中に比べると、生理前のほうが頭痛、腰痛の症状は軽いですが、イライラは生理前の方が強いかもしれないです。生理が始まると、とくに腰や下腹部の鈍痛や頭痛などがきつくなり、酷い時には1日中ベットから起き上がれない日もあります。

また、夜は痛みのためにほぼ毎日寝られない日が続きます。そのせいもあり、朝は立ちくらみが酷いです。一時は我慢していましたが、20歳ごろから更にキツイものになり、生理前にもかかわらず、生理痛の鎮痛剤などを飲んでいました。

生理前も生理痛も続けて飲んでいたのは、市販薬の緑色をした見た目のリングルアイビーです。これは効き目がはやく、飲んだすぐあとに痛みが緩和される気がします。しかし、生理前にもかかわらず、薬に頼るのはあまり身体に良くないと家族から止められ、最近は生理前は薬を飲まなくなりました。

下半身を温めて、薬に頼らず生理前の症状を和らげる

薬を飲まなくなってからは、血行を良くするために症状が出始めたら半身浴をしたり、出かける時には腰にホッカイロ、なるべくくるぶしが隠れるくらいの長さの靴下を履くなど気をつけるようにしています。

気のせいかもしれませんが、やはり下半身を中心に身体をあたためると多少でも痛みが和らぎます!冬場のホッカイロもおすすめなんですが、最近では下着の内側に貼るタイプのめぐリズム蒸気の温熱シートが熱さもなく、火傷をする心配もないのでおすすめです。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加