【命の母VSキッコーマン基本のサプリ】更年期に効く2つの商品を徹底比較

命の母Aとキッコーマンの基本のサプリ

40代後半~50代前半に現れる異常な暑さやのぼせ、火照り、汗が止まらない、疲れ、倦怠感、イライラ、情緒不安定、気分の落ち込み、肌のかゆみといった症状は更年期からきていることがあります。市販薬でも症状を緩和できる更年期障害。今回は、ドラッグストアで手に入る「命の母」と通販サプリで人気のキッコーマン「基本のサプリ」を徹底比較します

1.命の母ってどんな薬?
2.キッコーマン「基本のサプリ」ってどんな薬?
3.命の母Aとキッコーマン「基本のサプリ」を徹底比較
4.まとめ

命の母ってどんな薬?

命の母A

【2種類ある命の母】更年期障害に効果的なのは「命の母A」

小林製薬から販売されている「命の母」は、CMでもお馴染みですね。命の母には2種類あります。1つは更年期用の「命の母A」。もう1つは、生理の諸症状に効果を発揮する「命の母ホワイト」です。大きな違いは、服用する年齢と症状になります。

 服用年齢症状
命の母A40~50代の女性更年期全般の症状(のぼせ、イライラ、肩こりなど)
命の母ホワイト20~40代の女性生理痛やPMS(月経前症候群)全般の症状

今回は更年期の症状を緩和する薬やサプリの比較なので、「命の母A」とキッコーマンのサプリを比較していきます。

命の母Aのラインナップと価格

命の母Aは、第2類医薬品になるので薬剤師や医薬品販売の試験に合格した登録販売者がいるお店でしか買えません。薬剤師や登録販売者がいるドラッグストアや薬局で購入できますが、ネットや通販では買えない薬になります

84錠(7日分)756円(税込)
252錠(21日分)1,944円(税込)
420錠(35日分)2,808円(税込)
840錠(70日分)5,076円(税込)

ラインナップも豊富で、自分に合った錠数を選ぶことができます。某ドラッグストアで「更年期ののぼせには何がいいですか?」と実際に聞いてみました。最初に勧められたのは、やはり「命の母A」です。武田製薬から出ている「ルビーナ」もその他の商品として薬剤師さんに勧められました。

認知度もあり、買いやすい価格で設定されているため、薬剤師さんも勧めやすいのかもしれませんね。

キッコーマン「基本のサプリ」ってどんな薬?

キッコーマン基本のサプリ

足りない栄養を補って効果を期待する「基本のサプリ」

醤油でお馴染みのキッコーマンから出ている「基本のサプリ」は、薬ではありません。商品名にもサプリと入っていますが、健康補助食品になります。そのため、更年期の症状を緩和します、治します、とはきっぱり謳えません。

健康補助食品は、日々の生活で足りない栄養を補うことが目的です。更年期症状は女性ホルモンが減少することで、いろいろな症状を引き起こしています。減少する女性ホルモンを補うには、病院でホルモン療法を受けなければなりませんが、サプリメントは女性ホルモンと同じような働きをする成分を補うことで効果を期待します

基本のサプリが、通信販売限定のワケ

基本のサプリは命の母と違い、通信販売限定商品なのでネットで購入します。ドラッグストアで買うことができません。できれば商品は手に取って確認したいところですが、私はネット販売の方がその商品をじっくり確認して買うように思います。

店頭で売っている商品を買うとき、箱の注意書きを読んで、時間があれば薬剤師の話を聞くくらいですよね。ネット販売だと、失敗したくないので商品説明、期待できる効果、口コミ、購入方法に支払方法、興味があれば成分までじっくり読んで買います

キッコーマンもここを狙っているのでしょうか。商品、製造工程にも自信があるからこそ、じっくり読んで納得して買ってほしいという想いで通信販売限定にしているのかもしれません。

基本のサプリ単品購入定期コース購入
60粒(30日分)5,460円(税・送料込)1個目は半額の2,730円(税・送料込)
→2個目以降は4,914円(税・送料込)

購入方法は単品と定期コースの2種類になります。どちらも60粒(30日分)の商品が届き、定期コースだと1回目が半額、2回目以降は10%OFFになります。

キッコーマン「基本のサプリ」を購入するには、こちらをクリック

命の母Aとキッコーマン「基本のサプリ」を徹底比較

 命の母A基本のサプリ
命の母A
基本のサプリ
内容量420錠(35日分)60粒(30日分)
価格2,808円(税込)・単品:5,460円(税・送料込)
・定期コース:2,730(税・送料込)
→2回目以降4,914円(税・送料込)
錠剤の大きさ
命の母Aの錠剤と基本のサプリ錠剤を比較
1日に飲む量12錠(1回4錠×3回)2粒
主な成分・13種類の和漢生薬
・ビタミンB類
・大豆イソフラボンアグリゴン
・ぶどう種子ポリフェノール
・ビタミンD3
・葉酸
副作用発疹、皮膚のかゆみ
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、胃の不快感、食欲不振
特にありませんが、不調を感じたら一旦服用はやめましょう
飲めない・
要相談の人
・医師の治療を受けている
・妊婦
・過去に薬でアレルギーを起こしたことがある
・虚弱体質
・下痢しやすい
・妊娠中、授乳中
効果・効能更年期の症状全般40代から摂取したほうがいい栄養素を補って健康をサポート
メリットすぐに手に入る
・手に取って確認できる
副作用の心配が少ない
・キッコーマンが無料で提供するアプリ(※1輝きプロジェクト)を利用できる
・店に出向く手間がない
デメリット1日12錠も飲まなくてはならない
・店頭で見るだけでは情報が少ない
・飲んですぐに効く、即効性は期待できない

※1 基本のサプリを購入すると手紙で案内があります。40、50代の女性が輝くための、食事、健康、症状別対処法、プチカウンセリングなどたくさんの情報が提供されています。

実際に命の母Aと基本のサプリを飲んだ(飲んでいる)人にお話しを伺いました。

みなさんのシルエット◆命の母A
 みなさん(45歳/パート)
 服用2ヶ月半

生理痛や頭痛、頭重を緩和したく飲み始めました。すぐに霧が晴れたように頭重感が和らいだこともありますし、飲んでも頭重感や頭痛が改善されなかったこともあります。生理前に継続して服用していると、生理痛が軽くなる効果は実感できます。漢方がメインの薬ですが、ビタミンEや大豆レシチンも一緒に摂れることは良いと思います

ただ、1回4錠を3回も飲まなければいけないことはデメリットかもしれません。昼食後を忘れやすいので、私は朝晩6錠ずつ服用しています。つるんとした糖衣錠なので、6錠を一度に飲むのは大変ではないけれど、やはり3回に分けて飲んだ方が効果は得られるのかな、とは感じています。

ともこさんのシルエット◆基本のサプリ
 ともこさん(57歳/介護職)
 服用1ヶ月

50歳を過ぎて仕事の疲れが取れにくくなり、休日も横になることが増えてきました。ここ2~3年は、仕事後の頭痛や吐き気がひどく、時には吐くことも。体力には自信がありましたが、さすがに更年期障害かもと感じて、子どもに勧められキッコーマンの「基本のサプリ」を飲み始めました。

夜に1回2錠飲むだけなので、負担にはなりません。飲んでいる間は頭痛も吐き気もなく、横になる回数は減っていました。とりあえず1個だけ購入したので、飲み切った数日後からまた頭痛や吐き気が始まった時に、初めて基本のサプリが効いていることに気が付き驚いています


命の母Aも基本のサプリも、飲んですぐに効果があるかと言ったら、そうでないことがわかります。特にサプリは即効性がないという印象がありませんか?キッコーマンに基本のサプリはいつくらいから効果を感じられるか、聞いてみました。

A. 早い方で1ヶ月程度ですが、お客様の声では3ヶ月~5ヶ月の服用後に嬉しいお知らせが多く届いていおります。

命の母Aを実際に飲んでいるみなさん(44歳)も、3ヶ月近く飲んでいますね。更年期障害は人によって症状が出る期間が違います。自分が辛いなと感じている間は、どちらの薬やサプリも飲み続けたほうが症状を落ち着かせることができますね

キッコーマン公式サイトからだ想い

基本のサプリを購入したい、詳しい情報が知りたい方は、下記をクリックするとキッコーマンの公式サイト「からだ想い」が開きますのでご確認ください。

基本のサプリ

まとめ

【命の母】
・すぐに手に入れることができる
漢方をメインにビタミン類を配合

【基本のサプリ】
・詳しい商品情報をじっくり確認できる
40代50代女性が不足しがちな栄養素を、効率よく補うことができる

まさに今辛くてたまらない更年期の症状を緩和させたいのであれば、すぐに手に入る命の母Aを試してみる価値はあると思います。ただ、命の母Aも漢方がメインの薬なので、鎮痛剤とは違い確実に即効性があるとも限りません。

命の母Aも基本のサプリも、数ヶ月飲み続けて更年期の症状を徐々に和らげていきます。どちらも同じように長く飲み続けるのであれば、飲んでいる間もサポートがあった方が安心できます。命の母Aでもし副作用が出てしまったら、病院へ行き相談することになり、お金もかかってしまいます。

基本のサプリは、些細な事でも何でも相談できる無料電話相談があるので、まずはここに電話してアドバイスを受けることができます。すぐに誰かに相談できる、不安を誰かに聞いてもらえるってとても安心できます。

基本のサプリ口コミ体験談でご紹介した、ともこさん(57歳)がキッコーマン「基本のサプリ」を詳しくレビューしていますので、興味のある方はご覧ください。

→辛い更年期に、キッコーマン基本のサプリレビューはこちら


banner_20160619

医療広告ガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加