「月経前症候群治療薬プレフェミン」で生理前のイライラや鬱っぽい症状が改善

PMS対策で卵・牛乳・白砂糖の摂取をやめた女性

PMS歴、約20年の37歳です。生理前の10日間ぐらいPMSの症状があります。私はイライラ、過食、腹痛、腰痛、胃痙攣、たまに鬱っぽくなります。生理痛も辛いです。みなさんご存知だとは思いますが、冷えがまずよくない。

PMSを和らげるルナベリーとプレフェミンの比較記事はこちら

鎮痛薬「ロキソニン」「ブスコパン」を服用しつつ、食事にも気をつける

お風呂やホッカイロで、体を暖めるのはもう当たり前ですよね。私はまず、白砂糖、卵、牛乳は極力やめました。代わりに今続けているのは、豆乳です。イソフラボンがいいみたいなので、豆乳ココアにしたり、スムージーに豆乳を混ぜて飲んだりしています。

飲み物は、常温。氷も使いません。冬場は、鍋にしたり、生姜紅茶を頻繁に飲んでました。おすすめは、100円SHOPに売ってる生姜紅茶です。スティックタイプなので。お湯を入れるだけ!あと、やっぱり生理前はチョコレートが食べたくなるので、カカオ度数50%以上の物を選んで食べてます。

なんでもそうですが、「全く食べない」じゃなく、「選んで食べる」だけでストレスも軽減されると思います。そして、服用している薬は、婦人科でもらってるロキソニン、ブスコパンです。しかし、これは痛み止めなので、その場かぎり…。婦人科で、漢方薬をもらって飲んだこともありましたが合わなくて先生もお手上げ状態。

PMSを和らげるルナベリーとプレフェミンの比較記事はこちら

生理前症候群(PMS)に効く市販薬「プレフェミン」を服用し、過食が治まる

そんな時、いろいろネットで調べていたら、PMS用の薬がやっと出たんです!「月経前症候群治療薬プレフェミン」という薬です。これは漢方ではなく、チェストベリーのハーブ。医薬品なので、薬剤師さんがいるドラッグストアじゃないと買えません。

お値段も2,000円位とお手頃で、30錠入って毎日1錠服用します。副作用だと思いますが私は眠気が出るので、寝る前に飲んでます。プレフェミンを飲み続けて約5ヶ月ですが、私には効果がありました。まず過食に効きました。以前は、食べても食べても満たされなくて、あげく体重も増加、そしてむくんでいました…。

でも、プレフェミンを飲み続けてたら、食べる量が減りました。ある時、飲むのをやめても大丈夫かな?と思い、生理が終わってPMSが始まる2週間ほどの間、飲むのをやめてみたら次の月のPMS時期に過食が酷かったです…。体重も3キロ増し…やっぱりプレフェミンは薬だから飲まなくなるとすぐに効果がなくなるんだ・・とも思いました。

生理痛やイライラ、鬱っぽさも全くないわけではありませんが、プレフェミンを飲む前に比べたらだいぶ楽です。効き目は人それぞれですが、婦人科にもなかったPMSの薬が買えて、気持ちだけでも軽くなりました。今はロキソニン、ブスコパンも服用していますが、PMSは楽です。

ただ、一番近くのドラッグストアでは決まった時間にしか薬剤師さんがいません。薬剤師さんがいないと売ってもらえないので、そこは少し不便かな~。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)プレフェミン服用1ヶ月半、頭痛と肌荒れは改善したがPMSのイライラはまだ
(人気記事)【サプリvs医薬品】ルナベリー(旧ルナリズム)とPMS治療薬プレフェミンを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加