ひどい生理痛が低用量ピルを飲んで軽減するも、副作用がつらく半年で服用中止

ピルの副作用が辛い女性

現在35歳になる主婦で、生理不順と酷い生理痛に悩まされていました。友人に勧められたこともあって、25歳の時に産婦人科から処方されたピルを半年ほどを飲んでいました。

ピルの効果に感激!生理不順が治り、経血量も減って生理痛の緩和に成功

私が飲んでいたのは、低用量ピルで28錠タイプです。1ヶ月にかかる費用は、診察の時のエコーなどの簡単な検査も含めて5,000円前後でした。ピルは決まった時間に飲めばいつ飲んでもいいと言われていたので、夜寝る前の23時くらいに飲んでいました。仕事で残業をして帰って家事をすると、寝るのは大体この時間だったのです。

それまでは短い時で1ヶ月半、長い時では3ヶ月に1回だった生理の間隔が、ピルを飲み始めた月から、生理が1ヶ月に1度になりました。生理中は貧血になるほど多かった出血量も、少なくなりました。生理痛は軽くならなかったのですが、ピルを飲む前より痛みを感じる期間が短くなりました。私としては期待以上の効果で、本当に驚きました。

【ピル服用1ヶ月後に副作用】動悸・倦怠感・鬱症状が出て、半年で服用を断念

ですが、私の体にはピルが合わなかったのか、副作用で動悸や息切れ、倦怠感や鬱症状などが酷くて辛かったです。ピルを飲み始めてから1ヶ月くらいで、副作用の動悸が出始めました。すぐに医師に相談をして検査もしましたが異常はなく、その時は出ている症状がまだ軽いものだったため副作用かどうかははっきりとせず、経過観察になりました。

その後、副作用の息切れや倦怠感、鬱症状が出たので、半年ほどでピルの服用が中止になりました。副作用は、ピルの服用をやめて1週間くらいで落ち着きました。服用をやめてから、半年くらいでまた生理不順になりましたが、生理痛は歳とともに落ち着いていきました。

副作用の症状から低用量ピルだけではなく、ピル自体が合わないのだろうということで、その後生理不順の治療は中止になり、経過観察になりました。

生理痛もピルの副作用も症状は人それぞれ、薬は婦人科医師によく相談して決めよう

私はピルの副作用が酷かったのですが、薦めてくれた友人は全く副作用がなかったそうです。友人も生理不順で産婦人科からピルを処方されたのですが、1年間の服用期間中は全く副作用がなく、1年間飲んで服用を終了した後も、生理の間隔は1ヶ月に1回と落ち着いていました。その後も、ピルの副作用は出ていないそうです。

他の低用量ピルを飲んだ人にも話を聞く機会がありましたが、人によって副作用の出る、出ないに大きく差があり、効果も人それぞれのようです。私はピルの副作用が酷かったのですが、生理中の症状は人それぞれですので、医師とよく相談をして、薬の説明もしっかりとしてもらってから判断するのがいいと思います。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【生理初日は痛みがひどく毎月欠勤】ピルを服用するも副作用の吐き気が出る
(人気記事)【ピル服用半年後に生理痛が改善】飲み始めは効果を感じず、副作用がつらかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加