【更年期障害・バセドウ病・子宮筋腫】女性特有の病気に悩まされつつ育児に奮闘中

更年期障害が辛い女性

女の子10歳、男の子8歳の子供を持つ45歳の兼業主婦です。会社員をしております。上の子を35歳、下の子を37歳で出産しました。上の子は自然分娩、下の子は子宮筋腫の手術後、半年以上あけて授かった子供なので、帝王切開での出産になりました。

【息切れ・動悸・疲労感の原因】更年期障害ではなく甲状腺の病気バセドウ病と判明

二人を出産した時には、もう既に私の両親は70歳を上回っており、床上げの手伝いをしてもらえる状況ではありませんでした。なので誰にも頼らず、産後のまだ回復していない身体で家事や育児をこなしていました。それはとても辛いことでした。

37歳で帝王切開した出産は、傷の状態もあったので動くのがとても辛く、傷の治りもあまり早くなかったのでとてもしんどかったです。しかも、35歳以上の出産。高齢出産で産後無理をしたせいか、42歳を過ぎてから体の調子がとても悪くなり、少し歩いたりすると息切れがしたり、動悸がしたりしました。

すごい疲労感に襲われたりして、体がおかしいなと思い始めて病院にかかりました。すると病名は甲状腺の病気、バセドウ病だということでした。バセドウ病の症状にも、疲れやすい・イライラする・多汗など、更年期障害の症状に似たものがあるので、ただの更年期だと思わず、病院を受診してよかったです。

45歳で閉経するとホルモンバランスが崩れ、更年期症状が辛い日々

私の場合はバセドウ病が少し重く、薬の治療では治らないので、手術をして甲状腺を全て切除することになりました。甲状腺を切除したので、一生甲状腺ホルモン薬を飲み続けないといけません。45歳になって生理が来なくなり、閉経しました。最近もホルモンバランスが崩れて心と体がアンバランスになり、辛いです。

主人も家の事は何もやってくれないので、私は出勤前に子供たちに朝ご飯を食べさせ、送り出し、家事もこなしているので、時々本当におかしくなりそうなことがあります。更年期障害に関する相談機関などもいろいろ調べましたが、私も辛いながらも仕事をしなければいけないので、あまりちゃんと相談に乗ってもらえず困っております。

更年期障害に終わりはある?いつまで続くかもわからず、前向きになれない

最近は更年期障害の症状なのか、体中に虫がはいずり回っているような蟻走感(ぎそうかん)に襲われることがあります。この更年期障害は終わりが来るのでしょうか。大体、45歳~50歳までが更年期と言われていますが、今は気持ちが前向きになれないため終わりが来るのかどうか、どうすればいいのか全然わかりません。

まだ毎日が慌ただしくでバタバタしており、あまり物事をちゃんと考えられないのも事実です。医学的根拠はないみたいですが、私は産後無理したかどうかと、更年期障害は密接な関係があるような気がしています。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【更年期の症状が改善】卵巣機能が低下しているので、ホルモン療法は効果あり
(人気記事)【40歳後半から更年期】汗が吹き出したり子宮筋腫による貧血で、体調は最悪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加