ルナベリーは生理前のイライラ(PMS)にも効果ある?

カテゴリー ルナベリー

テーブルに肘をつく女性

生理前になると、毎回襲われるイライラ。旦那や子どもに八つ当たりをしていませんか?私もそうです。同時に頭痛もするので、余計にイライラしてきます。でも、「ルナベリー」というPMSの症状緩和に役立つサプリメントを服用するようになって、生理前でもイライラしなくなりました。

1.【イライラはPMSの代表的な症状】チェストベリーのサプリで改善
2.PMSで生理前にイライラする理由
3.どうしてルナベリーがPMSのイライラに効果があるの?
4.ルナベリーに含まれるハーブと栄養素が、PMSのイライラを解消してくれる
5.PMSのイライラは、病院でも治療してもらえるの?
6.まとめ

【イライラはPMSの代表的な症状】チェストベリーのサプリで改善

生理前のイライラは月経前症候群、いわゆるPMS(Premenstrual Syndrome)の症状です。PMSには様々な症状がありますが、イライラはPMSの精神的症状の代表的なもの。他には怒りっぽくなる・情緒不安定・憂うつな気分になる、などが挙げられます。また、PMSには身体的症状もあり、乳房のはりや痛み・だるさ・むくみ・肌荒れなどが挙げられます。

PMSの症状は個人差も大きいので、感じる症状も人によって様々です。約80%の女性がPMSの症状を自覚しているというデータもありますので、生理前に不調を感じるのは特別なことではなく、誰にでも起こり得ることなのです。PMSは、生理が始まると自然と症状が治まるのが特徴です。

そうはいっても、イライラしている自分を抑えられないのは辛いですよね。もっと家族に優しくしたいのに、いつもは気にならないことが気になってしまう。子育て中はただでさえイライラすることが多いのに、生理前は余計イライラして怒りっぽくなってしまうこと、ありますよね。

ルナベリー

私もなんとか対策したいなと思ってネットで検索。「ルナベリー」というサプリメントを知り、服用してみました。とりあえず、生理が終わってから服用し始めました。次の生理がくる3週間前から飲んだこともあり、イライラしない効果はすぐに感じることができました。

ニッコリしているさくら

ルナベリーは生理周期に合わせて、生理開始と同時に飲み始めた方が効果を得やすいようです。生理周期とは、生理の始まった日から数え、次の生理が始まる前の日までのことです。

ルナベリーでイライラ解消!実際に服用したレビューはこちら

PMSで生理前にイライラする理由

生理前に不快症状が出る原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることだと考えられています。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)があり、この2つの女性ホルモンの分泌量は生理周期に伴って変化しているのです。

生理開始から約2週間後に排卵するまではエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されますが、排卵後は徐々に減っていきます。排卵期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が急激に増えます。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内膜を厚くして妊娠に備えるホルモンですので、子宮に受精卵が着床せず、妊娠しないと減少していきます。

つまり、生理前には2つある女性ホルモンが両方とも減少しているのです。これが、イライラする症状を引き起こす原因と考えられています。

女性ホルモンを整えるルナベリーを実際に服用したレビューはこちら

どうしてルナベリーがPMSのイライラに効果があるの?

ルナベリーに含まれるハーブ

(メーカーサイトから引用)

ルナベリーでPMS緩和が期待できるのは、チェストベリーという西洋ハーブが配合されているからです。チェストベリーは、女性ホルモンのバランスを整える薬草としてヨーロッパで古くから用いられてきました。

実はこのチェストベリー、医薬品にも配合されている成分なんです。チェストベリー配合の医薬品は、2014年に発売された日本初のPMS治療薬「プレフェミン」です。配合されている量も同じです。医薬品と同じ成分が同量配合されているなら、ルナベリーに効果が期待できることも頷けますね。

ルナベリーには、全部で9種類のハーブが配合されています。チェストベリー以外には、必須脂肪酸を含む月見草や亜麻仁油、リラックス作用のあるパッションフラワーなどが配合されています。これだけのハーブが配合されているので、ルナベリーはPMSの症状を和らげる手助けをしてくれるのですね。

また、プレフェミンは市販薬ではありますが要指導医薬品であるため、薬剤師がいる薬局でないと購入できません。ルナベリーの購入はネットで簡単ですし、2袋目からは自動的に自宅に届くので買い忘れもありませんよ。

うなずくさくら

毎月自動で届けてもらうなら、「トクトクコース」がお得です。初回は送料500円のみで実質無料で購入できますし、2袋目からは10%OFFで送料無料です。

チェストベリー配合のルナベリーを実際に服用したレビューはこちら

ルナベリーに含まれるハーブと栄養素が、PMSのイライラを解消してくれる

ルナベリーには、ハーブ以外にもビタミンB群とカルシウム、マグネシウム、そしてイソフラボンまで含まれています。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンは、サプリメントでも販売されており、薬局で手軽に購入できますよね。

ルナベリーに配合されているハーブや栄養素それぞれを購入すると、ひと月分でかなりの出費を強いられることになります。そう考えると、様々な栄養素が1粒に凝縮されているルナベリーはとってもお得ですね。

1粒に9種類のハーブと栄養素が凝縮!ルナベリーのレビューはこちら

PMSのイライラは、病院でも治療してもらえるの?

薬と漢方薬

生理前のイライラくらいで病院に行くのは気がひけるかもしれませんが、イライラなどPMSの不快症状は病院でも治療してもらえます。婦人科でイライラ改善のために処方されるお薬は、主にピルや漢方薬になります。

ピルは2つの女性ホルモンを含む合剤で、排卵を抑制します。そのため、経口避妊薬としても用いられます。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れないので、PMSの症状を緩和すると考えられています。ただ、ホルモン剤なので、人によってはむくみや頭痛、体重増加などの副作用が強く出ます。

漢方薬はある程度長期間服用してホルモンバランスを整える効果が期待できますので、即効性はありません。種類が多く、体質によって合う合わないもありますので、婦人科で先生に相談しましょう。

病院で処方されるピル1ヶ月分と、ルナベリーは値段的に同じくらいです。ルナベリーは植物であるハーブがメインのサプリメントですから、アレルギーがなければ副作用の心配はなさそうです。ピルを飲んでみたものの副作用で継続できなかった人でも、ルナベリーなら安心して飲めますよ。

笑顔のさくら

ピルには中用量ピル、低用量ピル、超低用量ピルがあり、それぞれの用量のピルにも色々な種類があります。ピルによって値段が異なりますが、診察代がかからない分、ルナベリーの方が安いかもしれませんよ。

ピルのような副作用のないルナベリーを実際に服用したレビューはこちら

まとめ

  • ルナベリーを飲み始めて、最初の生理前からイライラが解消
  • PMSのイライラは、女性ホルモンバランスの乱れが原因
  • ホルモンバランスを整え、血行をよくするハーブがPMS改善に効果がある
  • ルナベリーには9種類のハーブとイソフラボンなどの栄養素が配合

ルナベリーを飲み始めて最初の生理がくる前、私はイライラせずに過ごすことができました。それだけでなく、頭痛や足のむくみといった他のPMSの症状までとても軽くなったのです。急に生理がきた感じで、PMSを自覚することもありませんでした。

生理前の辛さは女性特有の症状で、なかなか男性には理解してもらえません。また、自分の意に反して人や物に当たってしまうと、後で自己嫌悪になってしまったり、泣きたい気持ちになりますよね。憂うつな気分になって、ただでさえ辛い生理前を余計ブルーにしてしまいそうです。仕事も、毎月PMSで休むわけにもいきません。

私はルナベリーのお陰で、PMSのイライラから解放されました。ルナベリーを実際に購入し、4ヶ月服用した詳しいレビューも書いていますので、そちらも見てくださいね。

ルナベリー→PMSのイライラを改善すべく、ルナベリーを4ヶ月飲んでみました。レビューはこちら


banner_20160619




医療広告ガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加