ひどい生理痛の原因がストレスの弱さと判明、失敗できない日ほど症状が重い

46

現在41歳で、生理痛とは長い付き合いです。初めて酷い生理痛に襲われたのは中学生3年生の冬でした。今まで経験したことのない猛烈な腹痛に七転八倒したのを覚えています。

【激しい腹痛に大パニック】母から冷静に、生理痛だと教えられる

朝、腹痛で目を覚ましました。生理痛なんて知らないから、盲腸か何か他の病気かと思い父母に知らせたところ、おろおろする父に母が「大丈夫だから、会社に行け」と言っているのが聞こえました。「全然、大丈夫じゃないよ!」と心の中で叫びました。声を出す余裕がないくらい痛かったのです。

母は学校に遅れて行く旨を電話していました。「学校なんてこんな状況じゃ行けないよ!」とこれまた、心の声で訴えましたが母には届かず、「あんた生理痛だよそれ。今月まだでしょ?暫くすれば治るから」と言い、湯たんぽをこしらえてくれて、暫くあったまって寝てるように言われました。

「おさまらなかったら 、どうするのさ!」とやっとの思いで母に言うと、「そしたら救急車だね」と言われて、ちょっと震撼しました。そして、「生理痛ってこんなに痛いの?」とこれから、何十年もこの痛みと付き合って行く自信を無くしました。

生理痛と緊張が重なり、入学式で倒れる。ひどい腹痛のせいで生理が怖い

母の言うとおり、その日の午後になる少し前に生理なりました。と同時に痛みが引き、盲腸でも他の病気でもなく生理痛で済み、渋々、学校へも行きました。たぶん、受験を控えたストレスだろうと学校の先生に言われ、気楽に過ごす様にアドバイスもされたが、気は重く憂鬱でした。

初めての猛烈な生理痛の洗礼から、生理が近くなるとまたあの腹痛に襲われるんじゃないかとビクビクして落ち着きませんでした。そして、不幸にも高校の入学式と生理が重なり、ただでさえ緊張しているのに、あの嫌な生理痛に見舞われ入学式でぶっ倒れて、保健室に運ばれる事態となってしまいました。

それから保健室には事あるごとに運ばれて、保健室の先生に「社会に出たら、生理だからって休めないんだからしっかりしな!」とハッパをかけられました。社会に出て働き出してからも、何度か職場で酷い生理痛になり 周りに迷惑をかけてしまったことがあります。

今では生理痛をコントロール!でも本音を言えば、生理中は会社を休みたい

職場の方に家まで送り届けてもらったり、大事な会議に出られなかったりしたのです。あまりに酷い生理痛なので何度か婦人科で見て頂いていますが、その都度異常はありませんでした。至って健康なのですが、ストレスに弱いらしく、今までの酷い生理痛の日々も何かしら大事な行事や仕事と重なっていることがほとんどでした。

今では歳の功もあるのか、だいぶ自分でコントロールできるようになっています。でも、できれば生理の時は休暇が頂けるなら、それに越したことはないというのが本音です。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【10日間続く生理にストレス】お腹の激痛に貧血、トイレで気を失うこと数回
(人気記事)【ストレスから生理痛が悪化】食べ物と生活習慣で生理痛を緩和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加