初潮を「黒いおりもの」と勘違いした小学五年の娘。生理痛はあるが、薬は避けたい

421

中学一年生の娘を持つ30代の専業主婦です。娘が初潮を迎えたのは、小学校五年生の頃でした。私も初潮を小学五年生の時に迎えたので、もうそんな時期になったのか~と妙な気持ちになりましたね。

身長が低くても、低学年で初潮は訪れる。周りの友達は早い初潮を経験

娘の周りの子は、小学校低学年で初潮を迎えた子もいるようでした。体の発育が良いから・・とかは、あまり関係がないようです。身長の低い子も低学年で初潮を迎えていましたので。娘の初潮前に何か兆候があったのかは分かりません。親の私も娘本人も気付かないくらいだったので、それらしい初潮の兆候はなかったように思います。

学校の保健の授業で「生理になったら・・」といった授業があったと話してくれました。男の子は体育をし、女の子だけ別室で生理の授業を受けたようです。サンプルでナプキンや生理に関する冊子などをもらっていました。

【黒いおりものは間違いなく生理】初潮祝いのお赤飯を恥ずかしがった娘

生理用のショーツなどは、初潮を迎えてからでも良いと思っていました。それにナプキンも私のを使えば良いと思っていたので、あえて娘の初潮の為に準備はしていませんでした。娘は学校の授業中に違和感があり、トイレに行ったところ「黒いおりもの」が出たんだと思ったそうです。

初潮と言えば、鮮血ではなくどす黒いような茶色のおりものが出る印象です。きっと娘もおりものだと思ったのでしょう。ナプキンをまだ使ったことがない娘は、とりあえず大量のトイレットペーパーを敷いて帰宅しました。そして帰宅後、今日学校でこんなことがあったと説明してくれました。

生理が来たんだと思い娘に留守番をさせ、ナプキンと生理用のショーツを買いに行きました。むかしの人は初潮を迎えたらお赤飯を炊く風習があるかと思います。「娘に生理が来たから、赤飯炊く?」と聞いたら、「何で?恥ずかしいからヤダ」と断られたので特別なお祝いはしていません。

【副作用が心配】生理中の腹痛は薬を使わず、お腹を温めて和らげる

思い起こせば私も初潮を迎えた時、黒いおりものが出たと私の母親に言ったような記憶があります。やはり親子ですね。生理痛は今のところないようですし、おなかが痛いと言うことはありません。薬に頼るより蒸しタオルをレンジにかけて熱くし、火傷をしないようビニール袋などに入れておなかを温めると痛みが和らぎます。

私も生理痛が酷いときは、おなかを温める方法で痛みを和らげていました。薬に頼ってしまえば一番かもしれませんが、癖になったり副作用で吐き気や目眩などを起こされると困るので、なるべく薬は服用させません。

いつまでも子供だと思っているのは親だけなんだと実感します。娘が初潮を迎え、大人になっていく準備をしていることや、成長していることは嬉しいですが何だか寂しい気持ちもありますね。娘さんを持つ親御さんならきっとこの心境が分かるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【12歳で初潮】前兆は腹痛とおりもの。生理痛がひどく鎮痛剤を服用
(人気記事)【11歳で突然迎えた初潮】前兆は身長よりも体重が増え、おりものも増える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加