【生理痛のひどい貧血・めまい】服用している薬やサプリ、対策特集1

382

生理中の貧血で倒れそう、立っているだけで吐き気がひどい

31歳:育児休業中の主婦 / 服用している薬・サプリ:ピュア / 対策:早めに薬を飲む

妊娠前の生理痛の症状としては、腰痛や腹痛もありますが、貧血やめまいが1番辛かったです。生理時の出血量が多いこともあり、立つと血の気が引いて貧血で倒れそうになり、しゃがみこむことが多くありました。1度めまいを感じると景色が回るような症状があり、横になて過ごさないと辛くてたまらないこともありました。

生理痛で辛い時は、市販薬のピュアを1日2回服用していました。貧血であれば、立ち上がる時や姿勢を変える時は、ゆっくり動くようにしてます。しかし、生理中のめまいは立っていると吐きそうになったり、ひどい時は横になって数時間休むなど、本当に辛い症状でした。生理になり、めまいがくると感じた時は、早めに薬を服用するようにしています。

生理中の貧血やめまいを和らげたい!豊潤サジーを飲んだレビューはこちら

【生理のひどいめまいの原因は貧血】トラベルミンとメリスロンを処方される

29歳:専業主婦 / 服用している薬・サプリ:トラベルミン・メリスロン / 対策:十分な睡眠

出産1年後に生理が再開したのですが、今までなかった立ちくらみやめまいが、経血量が多い生理初日~3日目に強く出るようになりました。めまいがひどい時は、天井が動いたり回っているような感覚で、とても気持ち悪くなります。生理中のめまいで寝込んでいられないので、婦人科を受診すると軽い貧血という事で、薬を処方してもらいました。

1つはトラベルミンという乗り物酔いの薬ですが、めまいに効くとの事です。症状が治まらない時は、メリスロンという薬も一緒に服用すれば、めまいの症状はほぼなくなります。あまり薬に頼りたくないので、日頃から鉄分を多く含む野菜を摂取し、十分な睡眠を摂るようにしています。生理中のめまいは放置せず、医師の診断を仰ぐのが良いですよ。

生理中の貧血やめまいを和らげたい!豊潤サジーを飲んだレビューはこちら

生理2日目は貧血がひどい・・目がぐるぐる回り冷や汗が出て、駅のホームで倒れる

会社員1年目 / 服用している薬・サプリ:ロキソニン・イヴ / 対策:ひたすら横になる

普段から貧血気味なのもありますが、生理2日目は貧血がひどいです。目がぐるぐると回り、身体がだるくなります。ひどい時は冷や汗が出て、駅のホームで倒れた事もあります。生理中の辛い時だけ、ロキソニンやイヴを飲んでいます。貧血というよりは生理痛がひどい時に服用していますが、なるべく薬は飲みたくないので、1回の生理で1度です。

生理の貧血のときは、「ひたすら横になるしかない!」と思っています。我慢して行動しすぎると、視界が真っ暗になって倒れてしまった、という経験が何度もあるので、無理しないのが1番です。ただ、病は気からとも言うので、薬を飲む事で安心し早く治る気もします。生理中の体調を見て、薬も上手に服用するのも大事かなと思います。

ひどい貧血で冷や汗やめまいが止まらず病院に行くも、生理痛が重いだけと診断

22歳:学生 / 服用している薬・サプリ:鉄分サプリ / 対策:鉄分を含む食材を摂取

生理中の貧血やめまいを和らげたい!豊潤サジーを飲んだレビューはこちら

もともと貧血で、立ち上がろうとするとまた座ってしまったり、横になって目を瞑っていてもぐるぐる回っている感じがします。この貧血の症状が、生理のときは酷くなり、貧血が酷くトイレで倒れたことがあり、意識が戻った間に病院に行きましたが、冷や汗と目眩が止まりませんでした。しかし病気ではなく、生理痛が重いだけという診察結果でした。

生理前は鉄分サプリを摂取し、鉄分を含む食材をしっかり摂るよう心がけています。生理中は貧血になりやすいので、急に立ち上がったりせず、ゆっくり行動するようにしています。リフレッシュになるとの事で生理中に運動しましたが、余計貧血を引き起こしてしまったので、運動は控えています。生理が終わる頃に、運動するのが効果的なようです。

【生理中のつらい貧血】ひどいめまいに襲われ、子供の授業参観で倒れた私

35歳:専業主婦 / 服用している薬・サプリ:やずやの香醋 / 対策:お肉を食べる

生理時の貧血の症状は、お風呂に少し入っているだけで立ちくらみがします。電車通勤をしていた時は、電車から降りるとめまいがして、たびたび倒れそうになりました。生理痛だけでなく体質全般を改善したいと思い、5年前からやずやの香醋を毎朝2粒飲んでいます。香醋の効果なのか、貧血やめまいも、横になると飲む前より少し良くなりました。

生理中のめまいで困ったのは、子供の授業参観の時です。その日は経血量が多く、目の前が真っ暗になり、周りの音も聞こえにくくなるほどひどいめまいでした。倒れないよう壁によりかかっていましたが、我慢できず廊下にしゃがみこみ、皆様に心配をかけたことがあります。緩和策かは微妙ですが、生理中は身体を駆使せず、お肉を食べています。

まとめ

生理中の貧血とめまい、みなさん辛そうですね。生理の出血量が多い日に、症状が出る人が多く、目の前がグルグルして倒れたり、意識を失ってしまうなど深刻な症状もあります。貧血やめまいが起きると、座り込んでしまったり、横にならないと過ごせないなど、普通に生活することが難しいようです。

それでも、仕事や家事をこなそうと、薬を服用して症状を軽くする人もいますね。しかし、薬にあまり頼りたくないというのがみなさんの本音のようです。症状が出てしまったら諦めてひたすら横になったり、動作はゆっくり行うなど、自分なりの対策をあみ出されていますね。

貧血やめまいは安静にすることが1番ですが、それでは根本的な解決にはなりません。生理中の貧血やめまいは、生理の出血による鉄欠乏によるものがほとんどです。鉄欠乏による貧血の改善方法は、鉄分を摂取すること

鉄はビタミンCと同時に摂取すると、体への吸収率が高くなります。鉄分の吸収率も良く、生理中の貧血症状を薬以外で改善する物はないか調べてみました。そこで見つけたのは、200以上の栄養素を含むフィネスの豊潤サジーという果実ジュースです。さっそく飲んでみましたよ。気になる効果はこちらの記事をご覧ください。


banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加