ひどい生理痛は病気のサイン?!辛い腹痛・腰痛・多すぎる経血量は要注意

腰痛が辛い女性

ひどい生理痛の症状を「生理だし、仕方ない」と思っていませんか?実はその生理の症状は、病気が原因かもしれません。「ただの生理痛」と放置していたその症状の裏に、病気が潜んでいるとしたら・・ゾッとしますよね。あなたの生理痛は大丈夫ですか?

生理痛に隠れている病気とその症状とは?

ひどい生理痛で動けずに寝込んでしまったり、日常生活に支障が出てしまうことはありませんか?そこまでひどい症状は、月経困難症という病気かもしれません。月経困難症は、病気が原因で起こる器質性月経困難症と、病気ではなく子宮の強い収縮などによって症状が出る機能性月経困難症の2種類に分かれています。

どちらも婦人科の受診をおすすめしますが、特に病気が原因だった場合は、放置しておくと悪化する可能性があります。では、器質性月経困難症の原因となる病気には、どんなものがあるか見ていきましょう。

子宮内膜症

ひどい生理痛の症状を引き起こす最も多い病気が、子宮内膜症です。子宮内膜症とは、本来子宮内腔にできる子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気です。子宮以外にできた子宮内膜も、本来の生理と同じように剥離や出血を起こしますが、子宮内膜や血液を体外に出せず体内に溜まってしまいます。

症状:ひどい腹痛・腰痛(生理の回数を重ねる毎に痛みが増す)・生理日以外にも腹痛と腰痛がある・生理期間が長い・経血量が多い・不正出血・貧血・めまい・トイレが近い・便秘・性交痛がある

診断・治療法:問診後、内診や超音波、血液検査などで診断します。手術と薬による治療方法があります。

チョコレートのう胞(子宮内膜症性卵巣のう胞)

卵巣に子宮内膜ができ、生理のたびに剥離・出血を繰り返して卵巣に血液が溜まってしまい、のう胞ができてしまう病気です。放置してしまうと周辺の組織と癒着してしまったり、破裂することもあります。

症状:ひどい腹痛・腰痛・生理日以外にも腹痛と腰痛がある・慢性の骨盤痛・排便痛時に痛みがある・性交痛がある

診断・治療法:問診後、内診や超音波、MRI検査などで診断します。手術と薬による治療方法があります。

子宮腺筋症

子宮内膜が子宮の筋肉に入り込み、子宮が腫れてしまう病気です。20代~30代の女性に多くみられます。閉経すると子宮が小さくなり、子宮腺筋症は治ります。

症状:ひどい腹痛・腰痛・経血量が多い・生理日以外にも腹痛と腰痛がある・肛門痛

診断・治療法:問診後、内診や超音波、MRI検査などで診断します。手術と薬による治療方法があります。軽度の場合は、経過観察になります。

子宮筋腫

子宮内に良性の筋腫ができる病気です。筋腫の大きさは様々で、診断が難しい小さいものから10kgくらいのものまであります。閉経後は筋腫は小さくなり、新しい筋腫はできなくなります。また、子宮筋腫との見分けが難しい病気で「子宮肉腫」という悪性腫瘍があり、筋腫と診断された後も経過観察が必要になります。

症状:ひどい腹痛・腰痛・経血量が多い・不正出血・腰痛・腹部にしこりがある・ひん尿

診断・治療法:問診後、超音波やMRI検査で診断します。手術と薬による治療方法があります。手術には、子宮全摘出または筋腫のみ取り除く方法があります。

どの病気も、ひどい生理痛から判明することが多いようです。「ただの生理痛」と見過ごして病気が悪化してしまったら、不妊の要因になってしまいます。

アドバイスするめぐ先生

早期発見・早期治療で悪化は防げますので、立てないなど日常生活に支障が出る生理痛があれば、早めに婦人科を受診しましょう。

→栄養機能食品の豊潤サジーで体質改善!レビューはこちら

生理時の出血量と病気の関係について

生理期間中は、生理痛の他に経血量も気になりますよね。経血がナプキンから漏れないかヒヤヒヤしたり、ナプキンをなかなか替えられず不快を感じたりと経血トラブルもよく耳にします。また、逆に経血量が少なく、生理がすぐ終わってしまう人もいるのではないでしょうか。

生理中の出血も多すぎたり少なすぎたりすると、病気の可能性が高く、治療が必要な場合もあります。

過多月経

出血量の多い日が8日以上続いたり、経血にレバー状の塊が混ざっていたり、普通のナプキンが1時間ももたないほど生理時の出血が多いことを、過多月経と言います。過多月経が起こるのは、ホルモン分泌異常が原因の場合と、病気が原因の場合があります。出血が多いので、貧血・めまい・立ちくらみの症状が出ます。

原因となる病気:子宮筋腫・子宮内膜ポリープ・子宮内膜炎・子宮腺筋症・子宮内膜炎・子宮内膜増殖症

他の原因:ホルモン分泌異常(ストレスや思春期によるもの)

過少月経

ナプキンを替える必要がないくらい生理時の出血が少なく、1~2日ほどで生理が終わってしまうことを過少月経と言います。過少月経も病気が原因で起きる場合と、子宮や卵巣の機能低下が原因の場合があります。

原因となる病気:子宮発育不全・結核性の子宮内膜炎・子宮癒着症

他の原因:無排卵周期症(排卵を伴わない生理が起こる)・黄体機能不全(妊娠の準備を促す黄体がうまく働かないこと)

上記のように、生理時の出血量も生理痛と同じく、病気を見つける目安となります。経血量は人によって違いますから、自分の経血量が多いのか少ないのか判断しにくいかもしれません。

アドバイスするめぐ先生

過多月経・過少月経に記載した出血量の目安を参考にしてください。婦人科で受診する際も、だいたいのナプキン交換時間を聞かれることがあります。自分がどのくらいの頻度でナプキンを取りかえているか、把握しておくといいですね。

→栄養機能食品の豊潤サジーで体質改善!レビューはこちら

【変則的な生理周期は月経不順】原因のストレスを軽減させよう

「1ヶ月以上経ったのに生理がこない」、「今月は2回も生理がきた」など、生理の周期で悩んでいる方もいるかと思います。通常の生理周期は25~38日ですが、変則的な生理周期のことを、月経不順と言います。月経不順と言っても、色々種類があります。

月経不順の種類特徴
稀発(きはつ)月経生理周期が39日以上
頻発月経生理周期が24日以下
過長月経生理が8日以上続く
過短月経生理が2日以内で終わる

これら月経不順の原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れと言われています。月経不順があったら、原因となっているストレスをなくすよう心がけてみましょう。月経不順が続くことにより、不妊症になりかねません。

病気が原因でないひどい生理痛には、バランスの良い食事やサプリで改善

バランスの良い食事

病気が原因でない機能性月経困難症や経血量の異常は、ピルで治療したり、鎮痛剤で対症療法することがありますが、薬に抵抗がある人もいると思います。そんな方に、簡単にできる緩和策を紹介します。

生理痛の原因は冷えと生活習慣・食生活の乱れで、経血量の異常・月経不順の原因は主にストレスです。生理痛の対策は、体を冷やさないこと。経血量の異常・月経不順の対策は、ストレスを溜めないこと。全てに共通するのは、規則正しい生活やバランスの良い食事をし、運動やリラックスする時間を作って、体と心にやさしい生活をすることです。

それでも改善しなかったり、バランスのとれた食事を作ることが難しいという場合は、サプリメントを飲むという手もあります。即効性はありませんが、飲み続けることにより体の冷えが改善されたり、体に必要な栄養が摂れてホルモンが正常になることがあります。結果、生理の不調が緩和することに繋がるので、試す価値ありです。

→体質改善できる栄養機能食品の豊潤サジーレビューはこちら

まとめ

笑顔のめぐ先生

それでも改善しなかったり、バランスのとれた食事を作ることが難しいという場合は、サプリメントを飲むという手もあります。

即効性はありませんが、飲み続けることにより体の冷えが改善されたり、体に必要な栄養が摂れてホルモンが正常になることがあります。結果、生理の不調が緩和することに繋がるので、一度試してみるものいいですね。

私のところへ相談に来たさくらさんも、毎月の生理痛に悩まされていました。お話しを聞くと、それほどひどい食生活や生活習慣を送っていたわけではありません。そこでさくらさん、サプリや薬ではない栄養機能食品のジュースを見つけて、飲んでいます。

このジュース、さくらさんにはとても効果があったようで、私にも勧めてきました(笑)。どのような効果があったのか、その栄養機能食品とは何か?詳しい話は、こちらの記事をご覧ください。

saji-1毎月のひどい生理痛を緩和!豊潤サジー、10日間お試しした効果はこちら

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加