【中用量ピルを服用して生理を遅らせる】元の生理周期に戻るのに半年もかかった

生理をずらしたいからピルがほしいと婦人科にかかる女性

34歳で自営業をしています。ピルを初めて服用したのは33歳のときです。友人と東北地方へ2泊3日で旅行に行く計画を立てており、友人が幹事をしてくれて温泉を予約してくれていました。

旅行と生理が重なる!生理日をずらすために病院でピルを処方してもらう

旅行の日がちょうど生理と重なっていて、せっかくの温泉旅行が生理で台無しになるのをどうしても避けたくてピルを服用して生理をずらしたい、と考え病院に行きました。産婦人科に行き、事情を話すと医師から「せめて1ヶ月くらい前に来て欲しかった。」と言われました。

旅行の3週間前に病院に行ったのですが、医師が言うには、前回の生理が終わってすぐじゃないと、いくらピルを飲んでいても生理が来てしまう可能性はあるそうなんです。なので、確実に生理が来ないという保証は出来ないよ、と念を押されました。

でも飲まないよりは飲んだ方がいい、と思い、ピルを処方してもらうことにしました。私が処方してもらったのは中用量ピル「プラノバール」でした。飲む時間は必ず一定にすることを言われ、飲み忘れが怖かった私は寝る直前の深夜12時に飲むことにしました。

【中用量ピル「プラノバール」を服用】吐き気のひどい副作用が2日続く

私の場合、病院に行った翌日から飲み始め、旅行当日まで約3週間服用しました。費用は診察と薬代を含めてだいたい4,000円ほどだったと思います。そこまで高価ではなかったので安心しました。飲み始めた初日、翌朝起きると、ものすごい吐き気があり、立っていられないほどになりました。

ネットで薬について調べてみると、服用初期にはよくある症状だと書いてあったので仕方ないとは思いました。でも、なかなか吐き気の副作用が治まらないので、病院に行きました。医師は「このまま飲み続けて吐き気が続くようなら服用をやめるか、低用量のものに変更するしかない。」と言われました。

とりあえずは吐き気止めを処方してもらい、様子を見ることにしました。でも本当に吐き気がひどかったのは飲み始めた1〜2日ほどで、その後は身体も慣れたのか、吐き気は起こらなくなりました。また、私は喫煙者なのですが、ピルの服用期間はタバコを止めるように医師から言われていました。

吐き気の副作用と禁煙が辛かったので、ピルを服用したのは旅行のためだけ

ピルを服用中に喫煙すると、副作用やリスクがあるそうです。しかしタバコを吸わない生活、というのがとてもきつかったです。結果、旅行中は生理が来なかったので旅行はとても楽しめましたが、吐き気がとても辛いものだったので、よっぽどの予定がない限り飲みたくないと感じています。

すぐに飲むのをやめましたが、その後、生理周期が元に戻るまで半年ほどかかりました。自然の流れで生理と上手く付き合っていくことが大切だ、と感じています。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)中容量ピル「スプリンテック28」を服用し、生理痛は緩和したが体重が増加
(人気記事)中用量ピルのドオルトンに超低用量ピルのヤーズ、副作用のないピルをいくつも試す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加