【夏場の生理対策】通気性の良いナプキンとタンポンで、肌ストレスが緩和

ナプキンを節約する女性

25歳、専業主婦です。女性にとって、生態上必要なことではありますが、厄介なのが生理です。普段から貧血な私にとっては、本当に辛いことです。人によって様々ではありますが、出血量が多いときや仕事中、出かけてる最中だったりすると、タイミングがずれてトイレになかなか行けないときなどが本当に辛いです。

【夏の生理の悩みは蒸れと臭い】花王のロリエエフは通気性が良く、かぶれも軽減

特に夏の生理は、厄介中の厄介。暑さによって蒸れてしまい、そこからいやな臭いがしたり、肌がかぶれてしまったり。1年の生理の中で、一番早く去って欲しいと願ってしまうのが夏時期の生理です。仕事中に急に立ち上がったり、逆に座りっぱなしだったりすると、漏れが心配だったりします。

また、周りの人に生理の嫌な臭いが気づかれるのではないかと心配するのも、夏の生理の厄介な悩みだと思います。そんな時の私の対処法としては、とにかく隙を見つけてトイレに駆け込むのはもちろんですが、通気性の良いナプキンを選ぶことが第一だと考えています。

私が愛用するナプキンは、「花王のロリエエフ」です。夏の生理はとにかく肌ストレスが強く、かぶれたりして辛いです。ですが、このナプキンを愛用するようになってから、肌のかぶれの悪化が抑えられるようになりました。通気性の良さ、つけ心地の良さが大変気に入っています。

ナプキンを替えられない時は、ナプキンとティッシュの2段重ねで乗り切る

また、ナプキンは消耗品ではありますが、そこまで安い商品でもないのです。もったいない症な私にとって、少しの汚れでは変えるのがもったいないと思ってしまうのです。不潔かもしれませんが・・・。そこでもう一つの対策が、鼻セレブなど肌触りのいいティッシュをナプキンの上に重ねて使うことです。

通気性の良いナプキンと、肌触りのいいティッシュを使用することで、肌ストレスが緩和されます。それと共に、多少の出血だとナプキンにまで届く前にティッシュを替えるだけで、2回程ではありますがナプキンを使いまわすことができるようになりました。

ただし、これはあくまで仕事中やどうしてもトイレに行ける回数が少ないと予想されるときにのみ行う対策です。普段、家などで過ごすときは、清潔を保つためにすぐにトイレにかけこむことで、肌ストレスを回避するようにし、夏のひどい暑さにも対応しています。

タンポンで生理を快適に!ナプキンとの併用で、経血漏れの心配なし

プール・温泉や、生理中でどうしようもないときには「ソフトタンポン」を使用するようにしています。ソフトタンポンを使用する前のイメージは、入り込んでしまったらどうしよう?とか、人にバレたりしないのかな?といったあまり良くない不安なイメージがありました。

実際に使用したのは、「ソフィのソフトタンポン」です。出血量によって使用するサイズ等が様々あるのですが、私は出血量が多いときに初めて使用しました。汚い話、出血量が多いほうが滑りよく装着でき、しっかりフィットするのでお勧めできるなと思います。

ソフトタンポンだけで安心できない私は、それと併せてナプキンも装着して、2段構えで対処していますが、今まで漏れて大変な思いをしたことはありません。

スポンサーリンク

banner_20160619>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加