【生理痛よりPSMがひどい】生理一週間前と排卵日は気持ちが沈む

249

現在26歳の社会人ですが、PSMの症状に学生時代から悩まされています。高校生の頃は、PSMが原因だとは思いもしませんでした。PSMという言葉を耳にするようになって自覚するようになりました。

PSMに、腹痛や眠気、むくみ、便秘といった生理痛も加わり辛い

生理一週間前や排卵日が近づいてくると、自分でもわからないくらいイライラしてしまいます。家族や友人、恋人に当たってしまい、関係を壊してしまったことも少なくありません。生理痛の症状は複数現れて、首や肩、腰などが急に凝って重たくなり、腹痛や神経痛などに襲われます。

他にも異常に疲れやすくなったり、眠くなったりするので、仕事や勉強に集中できないことも多々あります。浮腫みや便秘なども辛く、あらゆる症状が生理一週間前から押し寄せてくるのです。また肉体の疲労面だけではなく、精神的にもひどく憂鬱になったり、イライラしたり、普段ならまったく気にしない些細なことでも重く受け止めてしまいます。

生理前のPSMで気持ちの浮き沈みがひどいく、彼氏に申し訳ない

不安を常に感じ、誰も信じられないような気分に陥ります。生理中は、誰からも必要とされてないような孤独感を感じてしまい、もし誰かと一緒に居たとしてもその人の何気ない行動にイライラしたり、傷ついたりして暴力的になります。「本当は私のことなんてどうでもいいんだ」と勝手な勘違いをしてしまい、どんどん落ちていくのです。

でも、生理になるとそんな重い気持ちが一気に晴れて、どうしてあんな些細なことで悩んでたんだろうとケロリと回復します。毎月そんな気持ちの落差に襲われ、本当に苦しいです。恋人は理解してくれ、優しく接してくれます。ですが、コロコロ変わる気分に毎回付き合わせて、本当に申し訳ないし、それがいつまで続くのかも分からず不安です。

婦人科でPSMを相談するも、これといった効果なし

婦人科に行ったこともあるのですが、PSMを相談しても理解されないことが多いです。漢方かピルを処方されるだけで、合わなかった場合の別の対処法は教えてもらえません。自分でも食生活を変えたり、エクササイズをする努力を行っているのですが、なかなかPSMは改善されません。

とくに神経痛はどうしようもなく、生理の来る一週間前はずっと引きこもっていたいくらいですが、そうも行きません。仕事中も普段より反応が遅れてしまったり、気分が散漫としてしまって迷惑を掛けていないかビクビクしています。どうにかして、毎月襲われるPSMの苦しさから解放されたいです。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【生理前に悩まされるPMSの症状】ひどい吐き気と、気分の落ち込みが激しいこと
(人気記事)【20代からPMS発症】生理前のイライラ・気分の落ち込みは、リラックスして対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加