プレフェミン服用1ヶ月半、頭痛と肌荒れは改善したがPMSのイライラはまだ

PMSのイライラで家族に当たる女性

私は、27歳の主婦で二児の母です。学生時代から生理前のイライラや、憂鬱感がひどい方でした。生理前になるといつもイライラして、些細な事で友人や両親と喧嘩をしてしまっていました。家庭を持ち、子供が産まれた今も、些細な事で怒ってしまいます。

店頭で「プレフェミン」の存在を知り、生理前のイライラはPMSだと初めて認識

女性にしかわからない悩みを旦那は理解出来ず、「俺に当たるな!」といつも喧嘩になります。生理前以外は、笑顔でいる時間が多いのに、生理前になるといつも子供達にどうしたの?と聞かれる事が多いです。出産後は、頭痛や肌荒れも目立つようになりました。

元々、生理痛もひどかったので鎮痛剤は手放せませんでした。手元の鎮痛剤がなくなったので、薬局に行った際にPMS治療薬「プレフェミン」のことを店頭で知りました。こういった生理前の頭痛やイライラは、「月経前症候群(PMS)」なんだということを初めて知り、私自身も月経前症候群の一人であるということがわかりました。

生理痛は鎮痛剤があることを知っていましたが、月経前症候群の治療薬があることを初めて知りました。毎月毎月、悩まされるイライラや憂鬱感が少しでも治るのであれば…と思い購入してみました。

プレフェミンの有効成分チェストベリーが、頭痛・肌荒れ改善に効果あり

プレフェミンは、チェストベリーという西洋ハーブ薬です。健康食品とは違い、品質が一定で効果・効能が認められた医薬品なので、安心して服用しています。購入時にも、薬剤師さんにきちんと説明していただき、安心して購入する事ができました。

今年の5月頃から服用し始め、服用期間は1ヶ月半ほどです。イライラはまだ少しありますが、服用前よりは落ち着いてきました。出産後に悩まされていた頭痛は、今ではすっかり治りました。肌荒れも目立つほどでもなくなってきたので、このまま服用を続けると改善されると思います。

今まで、寝付きが悪いという意識はなかったのですが、服用前より寝付きがよくなり、ぐっすり眠れるようにもなりました。生理痛がひどく、手放せなかった鎮痛剤も今では服用する事も少なくなりました。

PMSのイライラする症状が落ち着くまでは、プレフェミン服用を続ける予定

プレフェミンは服用を中止した場合でも、服用前よりは改善されるといった効果があるようなので、症状が改善されて落ち着いてきたら服用を中止し、様子を見てみるのもいいかな、と思っています。今まで長年悩み続けてきた月経前症候群が改善され、毎月の憂鬱な期間がなくなると思うと本当に嬉しいです!

服用し始めてから1ヶ月半ほどで効果が見られたので、このまま服用を続けてみて、今よりも改善されるのか経過を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加