酷い生理痛と大量経血・PMSに困り果て、食べ物と生活習慣を変え体の中から改善

生理痛で嘔吐する女性

私は現在29歳です。10代の時から生理痛が酷く、耐えきれず吐くことがありました。20代に入ってからは、接客業(立ち仕事)だったのですごく辛かったです。

生理のひどい諸症状にピルを勧められるも飲み忘れを懸念し、食生活を工夫

生理初日と2日目は特に生理痛が酷くて、仕事を休むこともしばしばありました。生理開始の1週間前からイラつき、腹痛、眠気が酷くなり、経血量も多く特に寝てる間は夜用ナプキンをしていても毎回漏れてしまって本当に困りました。

接客業だとなかなかトイレに行けないので、昼でも夜用のナプキンをつけていましたが、経血が漏れることもしばしば・・・。あまりにも酷かったので婦人科で診察してもらい、ピルがいいと言われました。でも飲み忘れる心配があったので、他の方法を試しました。

季節に関係なく冷たい飲み物ばかり飲んでいたので、体が冷えて良くないと聞き、夏場でも常温や温かい飲み物にしました。食事も貧血を防ぐために、レバーや肉類を多めに取るようにしました。とにかく食生活と生活習慣を変えて、体の内側から改善するように努力しました。

【血行促進で生理痛緩和】よもぎ蒸しや湯船に浸かり全身を温める

他にも、ストレスを溜め込まないようにしたり、夜お香をたいてストレッチをしたり、適度な運動(縄跳び、ウォーキング、ヨガ)をして1日の体の疲れをとるように日々心がけていました。すると、睡眠の質も改善され、3ヶ月経った頃くらいから、「あれ?」っという感じで効果がでてきました。

よもぎパットも試しましたが、芯から温まる感じがしてとても効果的だったのでオススメです。それでも、生理痛が全くなくなった訳ではなく軽くなったという程度だったので、あとは痛み止めを飲んで和らげていました。生理前の眠気だけはどうにもならなかったので、ガムを噛んだりしてなんとか気をまぎらわせていました。

スパなどによもぎ蒸しがあるので、週に2~3回通うととても効果的です。ホルモンのバランスを良くすることが血の循環も良くするので、夏場は暑くてもシャワーで済まさないで湯船に浸かって全身を温めるのも大切だと思います。

【生理前の過食期対策】お菓子や炭水化物を避け、食物繊維を含むものを食べる

それから、生理前の過食時期に、できるだけ太らないようにお菓子や炭水化物はなるべく控えて、噛みごたえがある食材やキャベツ、こんにゃく、寒天、豆腐を結構食べてます。これらは食物繊維を含んでいるので、便秘解消にも繋がっていいですよ。

10代の頃は面倒くさいからといって手を抜いていましたが、20代になると出産のことを考えるようになり意識が変わって、習慣を変えてみました。生理痛が重い人は体質もあるらしいのでなかなか改善できてる実感がわかないかもしれませんが、何でも試してみると良いと思います。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)生理痛とPMS緩和のため、運動やツボ、食事とあらゆる方法に挑戦
(人気記事)生理痛・月経痛・PMSを緩和させる食べ物、悪化させる食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加