人気の生理用ナプキンと気になる布ナプキンの口コミ、今どきの生理用品

カテゴリー 今どきの生理事情

人気の生理用ナプキンと気になる布ナプキンの口コミ、今どきの生理用品

初潮を迎えて間もない頃、おばあちゃんに尋ねたことがあります。「昔は生理の時、どうしてたの?」おばあちゃんの口癖が「昔はこんなものなかったよ」だったので、子どもながら疑問に思ったのでしょう。昔は古くなった浴衣など、布を切ってふんどしみたいに巻いていたと教えてくれました。脱脂綿を使うこともあったそうです。

人気の生理用ナプキンを女性30人に徹底調査

今は使い捨てのナプキンがあるので、便利な世の中ですよね。小学校の生理の授業でも紙ナプキンの使い方を教える学校が多く、当然のように紙ナプキンを使っているのではないでしょうか?そんな身近なナプキンは、意外と種類が豊富。どのナプキンが人気なのか、女性30人に聞いてみました。

どこのナプキンを使っていますか?

ユニ・チャーム
はだおもい(4人)・ソフィ超熟睡ガード(4人)・センターイン(3人)・ソフィボディフィット(3人)

ロリエ
エフしあわせ素肌(4人)・スリムガード(3人)・超吸収ガード(2人)・安心ショーツタイプ(1人)・肌キレイガード(1人)

エリエール
エリスMegumi(3人)・エリス新素肌感(2人)

ドラッグストアでもよく見かける定番商品が並んでいますね。特に経血の吸収力をアピールした商品が人気です。珍しいものでは、ショーツタイプのナプキンを使っている人がいました。ショーツタイプのナプキンは、動いても漏れることはほとんどないそうですよ。

生理痛緩和や冷え、かぶれ対策に効果ありと評判の布ナプキン

雑誌の広告やTV番組で、布ナプキンの紹介を見かけます。初めてみた時は、そんなものあるの?!とびっくりしましたが、使い捨てナプキンよりもお腹を冷やさない、生理痛が軽くなる、などのメリットがあるそうです。実際、どの位人気なのか、独自のアンケートで主婦30人に布ナプキンを使ったことがあるか聞いてみました。

布ナプキンを使ったことがありますか?

ほとんどの人が使ったことがない、という結果になりました。使ったことがないと答えた28人中23人は今後も使いたくない、と回答し、28人中5人は興味がある、という回答でした。ただ、興味があってもやはり洗濯が面倒そうなので躊躇しているようですね。布ナプキンの存在を知らなかった人も、2人いました。

布ナプキンを使いたくない理由
洗濯が面倒(11人)・経血が漏れそう(5人)・不衛生(5人)・臭いが心配・興味ない

布ナプキンを使用したことがある人の口コミ

・生理の終わりがはっきりするようになりました。以前はだらだらと出血が1週間以上続き憂鬱でしたが、いまは5日で終わります。現在自作の布ナプキンを使用しています。外出時はタンポン、紙ナプキン、自宅では布ナプキンです。

・腹痛は心なしか楽になったが、洗濯の手間や仕事中の交換はやはり抵抗がある。

布ナプキンを自作する方もいるんですね。生理が早く終わったり、腹痛が楽になる効果は確かにありそうです。使い捨てナプキンと上手く使い分けて活用できると、洗濯の手間を減らせそうですね。

37%の人が生理中はプールや温泉に入らない。意外に低いタンポン使用率

生理中にプールや温泉に行く時の強い味方、タンポン。普段はナプキンで、必要な時だけタンポンを使う方も多いと思います。みんなどんな使い方をしているのか聞いてみました。

生理中はタンポンを使用していますか?

タンポンを使用したことがない、使ったことはあるが今はまったく使わない人を合わせると64%にも上りました。プールや温泉でもタンポンを使わず、入るのを我慢している人が多いのですね。

毎月使っている人は23%に留まりましたが、経血量が多い日にナプキンと併用するなど、限定的に使っているようです。

【今時の生理事情】アメリカ発祥の生理用品と、昔の人はできていた方法とは?

月経カップ(Menstrual Cup)

まるでシリコンのおっぱい?みたいな形をした月経カップ。このカップ、なんと経血を溜めるためのカップなんです。膣に挿入するので、装着には慣れが必要だそうですが、経血を吸収したナプキンをずっと当てている必要も、ゴミ処理の必要もなく、洗浄して繰り返し使える生理用品です。

アメリカでは数十年も前から使われている月経カップ。日本では通販で購入でき、口コミでじわじわ人気を集めているようです。経血が空気に触れないので臭いがしないし、ゴミが出ないので海や山でも捨てる場所に困りません。そのうちナプキンに替わる生理用品になるのかも?

月経血コントロール

月経血コントロールとは、一言でいえば、経血をトイレで出すということです。そう、おしっこをするように経血をトイレで出すんです。この月経血コントロールをするには、骨盤底筋がしまっている必要があります。骨盤底筋とは、膣や膀胱など骨盤内にある臓器を支えている筋肉です。

骨盤底筋を鍛えるには、普段から排泄物を我慢するつもりで膣や肛門に力を入れておくといいそうです。生理中はトイレにいった時に経血を絞り出すイメージで息を吐きながら下腹に力を入れます。昔の人は自然に身についていたそうですよ。だからナプキンがなくても、布を巻いておくだけで大丈夫だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)【夏場の生理対策】通気性の良いナプキンとタンポンで、肌ストレスが緩和
(人気記事)夏の生理はにおいとかぶれに敏感・・香りつきナプキンとタンポンの使用で悩みが激減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加