【ひどいPMSと生理痛】イライラや腹痛・頭痛・腰痛などで、生理期間は軽い鬱状態

135

34歳、兼業主婦です。子どもはいません。初めての生理は小6のとき。そのときから中2くらいまでは、生理痛なんて全然ありませんでした。しかし、中3のときからだんだん生理痛の症状が出てきました。それからというもの、歳を重ねるごとにひどくなる一方です。

PMSで心と体の不調がひどい!イライラしたり、些細な事で落ち込み涙がポロリ・・

もともと、わたしはホルモンバランスがとても不安定で、生理も排卵もとても不順です。おまけに、生理の量が多いのです。なので、おのずと生理痛もひどくなってしまうのだろうと、産婦人科医に言われたこともあります。

私の生理痛は、まず生理前のPMSから始まります。精神的にイライラしたり、普段は何とも思わないような些細なことで落ち込んだり、わけもわからず涙が出たり・・・。身体的には、生理痛のような下腹部の痛み、胸が張る、眠れなくなる、などです。

だいたい身体的症状が出始めて、2~3日で生理がきます。ここまででも結構しんどいのですが、生理が来てからが本当の地獄です。生理痛のピークは、1日目と2日目。毎回のように薬を服用しますが、ほぼ効き目がありません。

【怒涛の生理痛】下腹部痛・頭痛・吐き気で薬を服用するも、効き目なし

生理になって半日ほどで、下腹部痛・頭痛・吐き気・寒気が一気にきます。それまでに薬を服用するのですが、効けば良し、効かなければ動けずひたすら耐えるのみです。生理2日目、生理の量がピークになるにつれ、貧血のような眩暈・頭痛・吐き気・寒気・耳鳴りがきます。このときは、起き上がれない状態なので、家事もできず、仕事も行けません。

生理3日目、量も痛みもピークを越したあたりから、腰痛がきます。でもこれは、そんなに重くはありません。生理4日目~最終日は痛みはそれほどありませんが、終わるまでが長いです。私の生理期間は、短いときで1週間ですが、平均してだいたい10日間くらいです。

身体的な症状は、上記のようにいろいろ起こりますが、精神的症状はPMSのときの症状がずーっと生理最終日まで続くので、軽く鬱のような気分になる時もしばしあります。20代の頃は、家族や周りの女性でも生理痛のひどい人がいなくて、わかってもらえず、辛い思いをしたこともあります。

「生理痛は病気じゃない」母にも理解されず、大ショック!

一番辛かったのは、実母に「生理痛なんて病気じゃないんだから耐えなさい」とぴしゃりと言い切られた時です。「そんなことでは、妊娠・出産なんてできないよ!」とも言われました。男性には、理解してもらうのは難しいと諦めも付きますが、女性に、しかも母に厳しいことを言われるのはさすがにショックでした。

今の主人も、最初は生理痛のことをわかってくれず、あまり親身になってくれませんでした。私が寝込んでいても、ただ放置するだけです。しかし、後で話を聞いたら「生理痛について理解できず、どうしたらよいかもわからず、ほうっておくことしかできなかった」と落ち込んでいたのを知り、嬉しかったです。

女性に生まれた以上、上手に付き合っていくしかない生理と生理痛。自分に合った改善方法を見つけて、少しでも楽に乗り切れるよう頑張っています。

スポンサーリンク

banner_20160619

(注目記事)生理1週間前からイライラし始め、生理前日は下腹部が張り、腰痛やむくみもある
(人気記事)【PMSの一番辛い症状は頭痛】吐き気を伴うほどの激痛が、生理前に2~3日続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加