知っておきたい更年期と更年期障害の話

更年期って何なの?

なおみ

47歳という年齢から、そろそろ更年期を意識し始めてきた今日この頃。ホットフラッシュという言葉をよくきくけれど、辛いカレーを食べて汗が出るのとは違うわよね。

そもそも更年期って何なのか、原因や症状についてめぐ先生に聞いてみたいと思います。

1.更年期の始まりや症状の現れ方について
2.更年期障害の辛い症状はどんなものがあるの?
3.更年期に迎える閉経の平均年齢は51歳
4.病院で血液検査をすれば更年期は数値でわかる
5.更年期障害を緩和するにはどうすればいい?
6.まとめ

登場人物紹介

めぐ先生
生理痛やPMS、更年期に悩む女性と一緒に、緩和方法を探るアドバイザー。
いつも笑顔で親しみやすく、優しい先生。

なおみ
子育てが落ち着き、年齢的にも生理痛より更年期障害の方が気になる47歳2児の主婦。体の不調が出始め、悩んでいる。

微笑むなおみ

めぐ先生、今日は更年期について色々教えてください。辛い症状が出た場合の対処法も教えてください。

微笑むめぐ先生

わかりました。よろしくお願いします。

更年期の始まりや症状の現れ方について

不思議そうななおみ

更年期っていつから始まるんですか?

微笑むめぐ先生

更年期は閉経する前後約10年間のことを主に指すの。卵巣の働きがにぶくなりだす頃に始まるわ。一般的には、40代後半から始まり、50代後半まで続きます。

微笑むめぐ先生

閉経や更年期の時期は人によって違うのよ。私がなおみさんの年齢の時はもう更年期症状があったけれど、まだ現れてないかしら?

微笑むなおみ

最近、疲れやすくなった気がします。友人にはやたら汗をかくのが辛いと言っている人もいます。生理痛やPMSが辛い、って話もありますけど。生理と更年期って関係あるんですか?

微笑むめぐ先生

更年期になると、生理周期が乱れてくるの。今まで規則正しかったのに、急に乱れてくる人もいるのよ。生理が早くきたり、逆に遅れたり。生理ではないのに、不正出血することもあるの。

微笑むめぐ先生

そのうち、生理周期が長くなって生理の回数が減り、閉経へと向かうのよ。疲れやすかったり、疲れがとれにくくなるのは、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、代謝が低下することと関係があるの。

あせるなおみ

更年期になったかどうかは、生理周期の乱れが1つの目安になるってことですね。では、どうして辛い症状が現れるんですか?

微笑むめぐ先生

40歳を過ぎると卵巣の働きがにぶくなって、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減っていくからよ。脳では女性ホルモンを分泌するよう卵巣に命令しているのに、45歳を過ぎた頃から卵巣が命令に反応できなくなるの。

びっくりするなおみ

卵巣が反応できなくなると、どうなるんですか?

微笑むめぐ先生

卵巣からの反応がなくなると、脳は混乱しちゃうの。すると、自律神経が乱れてほてりや不眠などの症状が現れるわ。また、エストロゲンが急に少なくなることでホルモンバランスが崩れ、様々な症状が現れるの。この2つが、更年期障害が起きる主な原因ね。

更年期になると女性ホルモンがすくなくなる

うなずくなおみ

卵巣機能がにぶくなるのは誰にでも起こることなのに、症状の現れ方には個人差がありますよね。

微笑むめぐ先生

確かに、更年期症状はほとんどの女性が感じますが、程度が軽く、日常生活を普通に送れる人もいます。症状が重く、寝込んでしまったり、家事や仕事ができなくなったりと治療が必要になってくる人は全体の2~3割程度なの。

更年期障害の辛い症状はどんなものがあるの?

不思議そうななおみ

更年期障害の症状にはどんなものがあるんですか?

微笑むめぐ先生

身体的な症状としては、ほてりやのぼせがあります。ホットフラッシュって聞いたことがあるでしょう。寒くないのに顔がほてったり、大量の汗をかいたりするの。顔はほてるのに、手足に冷えを感じる人もいるわ。

微笑むめぐ先生

めまいやだるさ、むくみを感じる人もいるのよ。

あせるなおみ

外出先で大量に汗をかいたら、恥ずかしいですね。

微笑むめぐ先生

そうよね、多くの女性がこのホットフラッシュに悩んでいるのよ。太りやすい体質になってしまった、と悩む人もいるわね。

微笑むめぐ先生

精神的な症状としては、うつに似た症状が出ることがあるのよ。何をするにも憂鬱でやる気がなく、イライラしちゃうの。不眠になる人もいるわ。

わかってほしい、更年期障害の辛さ

微笑むめぐ先生

実は、うつ病とエストロゲンの減少は関係があるの。

びっくりするなおみ

え?じゃあ、エストロゲンが減るとうつ病になりやすいってことですか?

微笑むめぐ先生

脳の神経を伝達する物質がちゃんと働くためには、エストロゲンが必要なの。エストロゲンが少なくなると、神経を伝達する物質まで不足してしまうのよ。「更年期うつ」という言葉もあるの。

あせるなおみ

更年期うつを知らないと、うつ病だと思って精神科に行ってしまいそうですね。

微笑むめぐ先生

更年期うつには、精神科のお薬ではあまり効かないの。エストロゲンを投与することによって、ホットフラッシュなどの身体的な症状も和らぐわ。

微笑むめぐ先生

更年期にうつ病かも、と感じたら婦人科を受診しましょう。

あせるなおみ

更年期障害になるのが恐くなってきました。閉経してしまえば、辛い症状はなくなりますか?

微笑むめぐ先生

いえ、そういうわけでもないの。閉経すれば生理の煩わしさはなくなるけど、更年期症状が続くことはあるわ。

微笑むめぐ先生

ただ個人差があるので、中には閉経と同時に更年期障害が治まる人もいるのよ。逆に、閉経した後に更年期障害の症状に悩む人も稀にいるの。

うなずくなおみ

閉経が更年期障害の終わり、ではないんですね。

微笑むめぐ先生

残念ながら。それに、エストロゲンは骨や血管を丈夫にするために必要なんだけど、閉経と同時にこのエストロゲンがなくなり、骨粗しょう症が急に進行する場合もあるのよ。

微笑むめぐ先生

コレステロールの上昇にも気を付けないといけないわ。脳の神経を伝達する物質の働きも鈍くなりますから、うつ症状だけでなく、物忘れが増えることもあるの。

不思議そうななおみ

エストロゲンは、体内でとても重要な役割を果たしているホルモンなんですね。更年期は閉経前後の約10年間ということでしたが、更年期障害はその間ずっとあるんですか?

微笑むめぐ先生

更年期障害の症状は、個人差があるけど2~3年は続くことが多いわね。

更年期に迎える閉経の平均年齢は51歳

不思議そうななおみ

閉経する時は急に生理がこなくなるんですか?

微笑むめぐ先生

医学的には、閉経は「1年以上月経のない状態」のことをいうの。生理周期が乱れて規則的でなくても、数か月に1回でも生理があるならまだ閉経はしていないわ。閉経までには何年かかかるの。

びっくりするなおみ

閉経を判断するのに、1年以上もかかるんですね。閉経する平均年齢は何歳ですか?

微笑むめぐ先生

閉経の平均年齢は51歳頃よ。50歳を過ぎると、卵子が入っている卵胞という袋がなくなるの。卵胞がなくなると排卵しなくなって、子宮内膜は薄いままになるのね。すると、剥がれ落ちる子宮内膜がなくなって生理がなくなるの。

あせるなおみ

いざ閉経するとなると、いよいよ老化していく自分を感じてしまいますね。

アドバイスするめぐ先生

そんな風に考える必要はないわ。閉経も自然な流れだと受け止めてね。閉経が遅いからといって、女性らしさが保たれているわけではないのよ。それに、閉経するとPMSや生理痛がなくなって、より活動的になる女性も多いんですよ。

1年以上生理がなくなると閉経

笑顔のなおみ

なるほど(*^^*)。ご年配の方でも、魅力的な女性はたくさんいますものね。出産経験があるかないかは、更年期障害の程度に関係ありますか?

微笑むめぐ先生

いいえ、関係ないのよ。出産の有無だけでなく、初潮の時期や遺伝も更年期障害とは関係ないと言われているわ。

微笑むなおみ

そうなんですね。じゃあ、母が辛そうだったからと、心配することもないですね。

微笑むめぐ先生

逆に、お母さまが更年期障害がなかったからといって、安心しない方がいいわ。更年期障害の症状は、環境やメンタル的な影響を受けやすいの。姉妹で体質が似ていても、更年期を迎えた時の家庭環境は違うでしょう。

笑顔のなおみ

それを聞いて、独身の友達は安心すると思います(笑)

微笑むめぐ先生

お子さんがいると、ちょうど進学や就職、結婚の時期と重なって、子どもがいない人よりも余計なストレスがかかることがあるのよ。介護の問題は、みんなに関係あるけど。

笑顔のなおみ

うちにも進学を控えた娘がいるんでした。姑と同居してるんですけど、いつまでも元気でいてもらわないと困りますね。

病院で血液検査をすれば数値で更年期がわかる

不思議そうななおみ

日常生活を送れないほどひどい更年期障害の症状が現れたら、どうすればいいですか?

微笑むめぐ先生

病院を受診して治療した方がいいわ。卵巣機能の状態は、血液検査で女性ホルモンの値を調べることによってわかるのよ。卵巣を刺激するホルモンの数値が高く、エストロゲンの数値が低ければ、更年期だとはっきりわかるの。

微笑むめぐ先生

更年期だとわかれば、辛い症状は更年期障害だと診断されるわ。辛い更年期障害の症状は、病院で治療を受けることで緩和できるから心配しないで。

うなずくなおみ

更年期は数値ではっきりわかるんですね。更年期障害だと思っていた症状が、実はそうではなかったなんてこともあるってことですか?

微笑むめぐ先生

他の病気が隠れている可能性もあるから、辛い症状が更年期障害によるものなのかどうか、一度検査を受けてはっきりさせておくと安心できますよ。

不思議そうななおみ

検査結果から更年期障害の症状だとわかったら、治療方法はどんなものがありますか?

辛い症状は我慢しないで治療しよう

微笑むめぐ先生

ホルモン補充療法があるわ。内服薬や貼り薬でホルモンを補充するので、エストロゲンが急に少なくなっている場合には効果的よ。ホットフラッシュなどの辛い症状が和らぐの。

微笑むめぐ先生

ホルモン補充療法に抵抗がある人や、他の病気があってホルモン補充療法ができない人には、漢方薬が処方されるわ。

あせるなおみ

以前、月経困難症で漢方薬を処方してもらったことがあります。苦いし、1日3回飲まないといけないから、長続きしなかったんですが・・。

アドバイスするめぐ先生

漢方薬に即効性はないから、やはり数ヵ月はがんばって飲んで欲しいわ。更年期うつの症状が強い人には、カウンセリングをしたり、精神安定剤が処方されることもあるのよ。

笑顔のなおみ

じゃあ、今度漢方薬を処方されたら、がんばって飲みます。以前、月経困難症で処方されたのは、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)というお薬だったのですが、確か効能は生理痛だけでなく更年期障害も書かれていたような・・。

微笑むめぐ先生

生理不順や生理痛もホルモンバランスの乱れから現れる症状だから。ホルモンバランスを整える、という意味では月経困難症と更年期障害の両方に効果が期待できる漢方薬ということになるわね。

微笑むなおみ

女性の身体って、ホルモンにすごく左右されますね。

更年期障害を緩和するにはどうすればいい?

不思議そうななおみ

更年期で病院を受診するのは抵抗がある人もいると思うんです。自分でもできる緩和方法はありませんか?

微笑むめぐ先生

まず、ストレスを溜めないことです。笑顔でいると、エストロゲンが分泌されるんですよ。毎日笑顔で楽しく過ごしてください。趣味の時間を持って、好きなことをなさるのもいいと思います。

笑顔のなおみ

めぐ先生みたいにいつもニコニコしていると、いいことがあるんですね。

微笑むめぐ先生

そうよ(笑)ストレスは、更年期障害を重くしてしまう原因にもなりますから。更年期の女性は子育てが一段落し、旦那さんの定年退職、両親の介護など、環境の変化を迎えることが多いでしょう。あまり一人で抱え込まないで欲しいですね。

微笑むなおみ

「ストレスは万病のもと」って言いますものね。

笑顔を絶やさず、運動でストレス発散!

微笑むめぐ先生

身体を動かして、ストレス発散しましょう。ヨガやストレッチなど、軽い運動がいいですね。深い呼吸をしながらヨガをすると、自律神経を整える効果を期待できます。肩こりや腰痛対策にもなりますね。

微笑むめぐ先生

ウォーキングを兼ねて、近所を散歩するだけでも気分転換になりますよ。私は主人とよく散歩を楽しんでいます。自分のためだけでなく、主人の生活習慣病の予防にもなりますから。

笑顔のなおみ

あら、夫婦仲良しでいいですね。

微笑むめぐ先生

食事では、豆乳や納豆、お味噌、枝豆などの大豆製品が食卓に並ぶといいですね。大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働きをするんです。

微笑むめぐ先生

また、閉経後の骨粗しょう症予防のためにカルシウムを摂る習慣をつけておくといいですよ。カルシウムは、干しエビやひじきに多く含まれています。

微笑むめぐ先生

乳製品や小松菜などの野菜と組み合わせて、バランスよく摂取しましょう。イライラ対策にもなりますよ。

あせるなおみ

閉経後のことも考えておくべきですね。

微笑むめぐ先生

食事で補えない分は、サプリメントを上手く利用するのもいいですね。更年期症状は誰でも経験することだから、うまく付き合っていきたいですよね。

微笑むめぐ先生

心構えとしては、更年期や閉経を自然なことだと受け止め、前向きにとらえることです。私は52歳で閉経しましたが、閉経も悪いことばかりではありませんよ。旅行や結婚式の予定と生理が重なったらどうしよう、なんて悩みもなくなります。

まとめ

  • 更年期症状は、自律神経の乱れとホルモンバランスの乱れが原因で現れる
  • 更年期障害には身体的な症状(ホットフラッシュ)と精神的な症状(うつ)がある
  • 更年期障害の程度は、出産の有無や遺伝は関係ない
  • 病院では血中ホルモンの値を調べた上で、ホルモン補充療法や漢方療法が受けられる
  • 更年期を乗り越えるにはストレスを溜めず、笑顔で過ごす!

微笑むなおみ

今日は更年期について、色々勉強になりました。更年期障害が起こる原因や対策法を知ったことで、うまく対処できる気がします。

微笑むめぐ先生

偉そうに言っている私も、40代後半でホットフラッシュがとても辛い時期があったの。そんな時は無理せず、自分をいたわってね。今は更年期の症状を改善できるサプリもあるから、試してみるのもいいですよ。

微笑むなおみ

更年期のサプリがあるんですね。

微笑むめぐ先生

キッコーマンが開発した基本のサプリは1日2粒飲むだけでいいので、漢方薬を1日3回飲むより続けやすいですよ。大豆イソフラボンの中でも、体内に吸収されやすい大豆イソフラボンアグリコンが豊富に含まれています。

笑顔のなおみ

それなら、漢方薬が続かなかった私でも飲み続けられそうです。めぐ先生、今日はありがとうございました。

なおみが基本のサプリをレビュー

→更年期になったら飲み始めたい。基本のサプリのレビューはこちら

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加