生理痛にチアシードが効いた!痛みが緩和され、貧血によるフラつきも軽減

28歳の事務員です。高校のころから毎月、生理痛が酷いです。生理の予兆として、腰の怠さと味覚の変化があります。口の中がなんだか生臭い感じになると、そろそろ生理だなとわかります。その段階で、鎮痛剤を飲み始めるようにしています。

以前、生理痛が酷過ぎて産婦人科に行きました。鎮痛剤をもらったとき、「生理が来ると感じたら、何も考えず鎮痛剤を飲みなさい」と医者に言われました。今は市販の鎮痛剤ですが、生理の予兆が出たらすぐに薬を飲むようにしています。

辛すぎる生理痛は腹痛&頭痛のWパンチ、尋常じゃない痛みと嘔吐で完全ダウン

一番痛みを酷く感じるのは、生理が始まって2~3日目です。急激に腹痛と頭痛がして布団から出られない時もあります。薬を飲むため食パンだけでも食べようとしますが、嘔吐することもありました。嘔吐してしまうと、もう動けません。幸い、仕事は事務職で女性が中心なので生理痛に理解があり、休みはとりやすいです。

生理痛はいつも子宮がキューっと締め付けられるように感じます。毛布をかけて患部を温めるようにしていますが、あまり改善されません。同時に頭もズキズキしてきます。こうなってくるとどうすることもできないので、ただ寝るしかありません。薬を飲んで痛みに呻きながら意識を失うように寝ると、我慢できる程度の痛みになっています。

仕事を休むほど生理痛が酷いのは毎回ではないです。しかし、デスクに突っ伏すくらいの痛みは毎回感じています。尋常ではないくらい痛くなるのは生理2日間程度ですが、以降も痛みは続きます。頭痛は軽減されますが、下腹部がジンジンと痛み常に体調の悪さを感じています。

出血量も多く、毎晩1回は夜中トイレに行きます。もともと貧血気味なのに「どこからこんなにも多く出血するのだろう?」というくらい血が出ます。ショーツだけで済めばラッキーですが、布団を汚してしまうこともありました。就業中も数時間おきにトイレに立ち、ナプキンを換えます。生理痛があると、私は顔色が悪いそうでよく心配されます。

生理痛を緩和してくれたチアシード、食べ方はヨーグルトや飲み物に加えるだけ

排卵痛も少しあり、下腹部に痛みを感じる時があります。諸症状を緩和するため、鉄分を取ろうとサプリメントを試しましたが、効果は感じませんでした。知り合いの勧めで、最近チアシードを食べ始めました。チアシードはダイエットフードとして話題ですが、鉄分が多いらしく「ヨーグルトや飲み物に混ぜて毎日食べればいい」と教わりました。

チアシードの摂取は現在も続けていますが、生理痛は以前よりも緩和された気がします。生理のときはいつも貧血でフラフラでしたが、フラつきも軽減されたように感じます。今後もチアシードを食べて様子をみようと思っています。

生理痛があるときは無理しない!刺激物を避け、痛みは温めて緩和する

生理の悩みは、女性として生まれたからには避けて通れません。毎月の苦しみといかに付き合っていくか模索中です。今は痛くなったら温める、チョコレートやコーヒーの刺激物を避ける、人に聞いた生理痛の対処法を試したり、薬やサプリメントを飲んだり、少しでも痛みを緩和できるよういろいろ工夫しています。

以前、「生理痛は人ぞれぞれだから辛かったら無理しないこと」と医者に言われました。しかし、社会人である以上、どうしようもないときもあります。私は恵まれた環境にいますが、周りに理解を求めるのが大変な人は本当につらいと思います。生理痛への理解が深まることを願うばかりです。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加