二度目の出産後に悪化した排卵痛とPMS、イライラのせいで夫婦喧嘩ばかり

私は30代の専業主婦です。生理痛は昔からひどくなく、排卵痛とPMSは2人目を出産してからひどくなりました。痛みを和らげるために飲んでいる薬はありませんが、何か対処する必要性は感じています。

PMSでやる気が出ない…下腹部痛と倦怠感もあり家事がツライ

昔から生理痛で困ることはなく、お腹が少し痛くなるくらいでした。不正出血や生理前のイライラも経験したことはなく、女性の生理のリズムの悩みとは無縁の生活をしてきました。しかし、2人目を出産した後から、生理周期のリズムによる体の不調に悩まされるようになりました。

生理が始まってしまえば生理痛自体はひどくないのですが、排卵時期の排卵痛と体のだるさ、生理前のPMSはとてもつらいです。排卵期になると、まず下腹部に重い鈍痛がし始めます。もしや、と思い前回の生理日から数えると、生理周期13~15日目な事が多く、同時にドロッとしたおりものも増えるので、ハッキリと排卵痛だと自覚します。

PMSは下腹部の鈍痛だけではなく、一度座ってしまうと立ち上がりたくないような体のだるさも感じ、やる気が起きず家事がはかどりません。生理周期15日目を過ぎると同時に、体調も気分も良くなります。

PMSにはリラックスが一番♪イライラするタイミングを生理周期で予測する

生理周期が22~25日を過ぎると、生理前のPMSが始まります。PMSは、体調の悪さというよりイライラがひどくなる事で自覚します。普段は気にならないような些細な事に無性に腹が立ったり、ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、家から出たくなくなります。

2人目出産後の生理が始まってすぐのPMSが特にひどかったです。イライラをコントロールできないけど、乳児や幼児である子どもに八つ当たりすることもできず、夫に八つ当たりしてしまう事が多くて、生理前は夫婦ケンカになる事が増えました。

けれど、産後の生理が始まってからしばらくすると、どの時期に体調が悪くなって、どの時期にイライラが起こるのか、少しずつわかるようになってきました。

生理周期によって体調や気分にムラがあるのは困るのですが、私の場合は排卵と生理周期がずれて乱れる事はないので、生理から何日目ごろに不調やイライラがあるか予測する事ができます。その為、排卵後は出来るだけ予定を入れずリラックスして過ごすようにしています。

PMSの諸症状を受け止め、夫婦仲良く前向きな気持ちで過ごしたい

下腹部の痛みやイライラを感じた時には、必ずカレンダーで生理周期の何日目になるのか確認し、「PMSだからしょうがない」と納得する事で、だいぶ気持ち的に楽になりました。夫にも「産後、PMSの症状で悩んでいる」と素直に話しまた。

「生理周期により不調になる」と話すことで、夫もPMSを理解してくれ自分も排卵期は特に注意するようになり、前よりも夫と良好な関係で過ごせるようになりました。

若いころは何も感じなかった生理による体調の変化を、産後は感じるようになりました。これから更年期を経て、どのように変化していくのか不安があります。生理のリズムや症状は、気の持ちようで軽減したり悪化したりすると思うので、気持ちだけは常に前向きで過ごしたいです。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加