排卵痛で下腹部がイタイ…発症のきっかけは排卵誘発剤クロミッドの服用

私は33歳で専業主婦をしています。生理痛・排卵痛・PMSいずれも症状がありますが、肉体的に一番辛いのは生理痛で、精神的にはPMSが辛いです。生理痛もPMSも、月経開始の頃から既にあったように思います。

PMSの倦怠感がなくなると襲ってくる生理痛、バファリンも効かずツライ

規則的な生理ではなくまだ不規則だった頃から、生理前には膝の裏などにジッとしていられないほどの痛ダルさを感じました。PMSのダルさが消えてきたとおもったら、今度は生理痛による下腹部痛です。バファリンを飲んでもまったく効き目はなかったように思います。

高校生になり生理が規則的になると、生理前は気持ちが沈み「受験勉強をしても無駄じゃないか?」と勉強が手につかなくなる事も。模擬試験と生理が重なると数日間は勉強が手につかず、試験当日はお腹がいたくなり試験結果は散々でした。進学しても就職しても、生理痛もPMSもよくならず、ストレスで生理不順になりました。

多嚢胞性卵巣症候群が判明し、排卵誘発剤の服用をスタート

生理不順を治そうと婦人科にかかると、多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。「今までの月経は無排卵だったかもしれない」と言われ、将来的に子どもを持ちたいと思っていた私は、排卵誘発剤を飲み始めました。クロミッドを服用したのですが効き目が悪かったため、薬を増量することになりました。

薬が合わなかったのか、排卵期になると下腹部が痛み、腰を伸ばすのもやっとという状態になりました。排卵後2日くらい経つと嘘のように痛みは消えますが、数日すると今度は気分が落ち込む日が続きます。下腹部痛が嫌で私は薬を飲むのをやめてしまいました。すると生理が来なくなったので、仕方なくまたクロミッドを飲み始めました。

出産後は生理痛やPMSが改善するも、排卵誘発剤の再服用でまたしても悪化

結婚しても子どもが授からず、本格的に不妊治療を開始しました。ですが、生理痛・排卵痛・PMSいずれもよくはなりませんでした。痛みに耐えて治療し、7年が経ったころに子どもを授かり、しばらくの間は生理痛・排卵痛・PMSいずれも無縁の生活をしていました。

「2人目の子どもがほしい」と思いましたが、多嚢胞性卵巣症候群はまだ改善しておらず、排卵誘発剤を飲み始めると、排卵痛がまたやってきました。産後初の排卵痛は、今までで一番ひどかったです。子育てでイライラしやすいところに、PMSで気分が落ち込み、子どもに当たらないようにするだけで気持ちはいっぱいいっぱいでした。

PMSのダルさや、生理痛は産後もかわりません。2人目はすぐに授かることができ、現在は妊娠中です。そのため、生理痛やPMSの症状に悩まされることはありませんが、2人目出産後にまた生理痛やPMSの症状で気分が落ち込む日がやってくるのは、少し怖いです。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加