腹痛の原因は排卵痛だった!基礎体温の高温期が痛みのピークと判明

47歳の専業主婦です。生理痛・排卵痛・PMS全ての症状があり、吐き気、腹痛、腰痛が激しく酷い時は起き上がることが出来ません。丸まって1~2時間過ごすこともありますが、精神的な症状はありません。

生理痛の悩みは中学生の頃から、下腹部痛は座っていてもツライ

生理痛は生理が始まった中学生の頃からです。生理初日から3日間はお腹だけが寒く感じ、下腹部の痛みが断続的にきます。全神経がお腹に集中してしまい座っているのもつらく、冷や汗が出たり話すのも億劫になります。

学生時代は生理痛を理由に学校を休むことが出来ましたが、就職後はかなりつらかったです。女性が男性の1割しかいない職場だったので、生理痛で休むことは出来ませんでした。どうしてもつらい時は「熱が39℃ある」と嘘を言って休みをもらっていました。

産後はじまった腹部の痛み、原因を探るため基礎体温を測ってみる

排卵痛・PMSの腹痛は、産後初めて生理が来た時から始まりました。生理はまだ3~4か月に一度しかなかったので、度々起こる腹痛の原因がわからず、また子どもが小さいうちは病院にも行けず困りました。

看護師をしている友人に相談したら「排卵痛やPMSだよ、絶対。基礎体温をつけて。」と言われました。基礎体温をつけてみると激しい腹痛があるのは、基礎体温が一番低くなった時、高温期、生理3日間であることが判明しました。

下腹部がチクチク痛む排卵痛やPMS。腰痛や吐き気で嘔吐することも

排卵痛やPMSは右下腹部、または左がチクチクと痛みます。「なんとなく痛いな」と言う程度なので体を動かすことは出来ます。一番ひどい下腹部痛は高温期で、痛みは3日間ほど続きます。1~2時間もの激しい腹痛、1~2時間は痛みが全くないというサイクルで2週間も続きます。

排卵痛やPMSも生理痛と同じで、お腹だけがやたら寒くなります。排卵痛やPMSは腰痛と吐き気も加わり、年に2~3度は本当に嘔吐します。出産して分かったのですが、つわりと陣痛が同時に来たような感じです。

生理痛は3日間ほどありますが、痛みは少しマシです。10年前までの生理は3~4か月に一度だったのですが、1か月に一度きちんと来るようになりました。けれど、年の半分は生理痛との戦いになってしまいました。

生理痛を緩和したい!血行促進のため、体温低下を招く鎮痛剤は服用しない

生理痛や婦人科を受診しても鎮痛剤が出るだけです。鎮痛剤は気休めでしかなく効果がありません。専業主婦だし、幸い家族の理解があり「寝てなさい」と言われるので、無理をせず生理痛に合わせた生活を10年ほどしています。体に負担のかかる予定は、生理痛や排卵痛の時期と重ならないようにしています。

平熱が35℃台と低いため、病院で「血の巡りが悪すぎるのが低体温の原因ではないか?」と指摘されました。生理痛の時は必ず鎮痛剤を飲んでいましたが、「鎮痛剤は体温を下げる作用があるので止めましょう」と言われ、つらいけれど痛みを我慢しています。

アイスや冷たい飲み物も控えるように指導されたので、体温を下げるカフェイン、砂糖や糖質を減らす食生活を試しています。

スポンサーリンク

banner_20160619

  • このエントリーをはてなブックマークに追加